-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-10-18 12:00 | カテゴリ:熊谷市/No One Style Cafe
No One Style Cafe公式HP

スタンダードセットA 800円
(平日限定ランチメニュー 淡麗しお+アボガドスパム丼)

【洋風鶏塩】

No One Style Cafe1 No One Style Cafe2
店舗情報
住所:埼玉県熊谷市籠原南3-443
定休日:月曜日
営業時間:11:00〜15:00 18:00〜22:30
スポンサーサイト
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(0)
2011-12-25 13:30 | カテゴリ:熊谷市/No One Style Cafe
No One Style Cafe

淡麗しお 750円

【オサレ】

nosc1 nosc2

どう見てもらめん屋さんには見えないです(笑)
兄貴の記事を参考にお邪魔して参りました。
突撃した兄貴にアッパレ(爆)

メニュー & 玄関アプローチに飾られたツリー

nosc3 nosc9

扉を開けますと。。おっ いい香りだ! 魚介及び貝類の香りがうっすらいたしますよ♪
店内に一歩足を踏み入れると「あたくしでもいいのですか?」と聞きたくなります(爆)
入り口付近にカウンターと長テーブル、店舗奥にはカウンター、2人用と4人用のテーブルが設置されております。

お冷やはデカンタ & 卓上

nosc12 nosc11

そのネーミングにぐっと来る方 数名知ってます(笑)

nosc4
淡麗しお 750円

スープ

nosc5

やや褐色のスープは鶏と魚介や貝類が穏やかに作用、鶏油中心と思われる香味油、揚げネギと大蒜の香りが心地よく漂います。塩ダレのミネラル感は非常に控えめで、どちらかと言うと「洋風テイスト」かな?
素スープが主張するという事でなく飛び道具と一体となってスープ全体を形成しておりますw
後味が非常にスッキリとしており、あれ? と思う程旨味が控えめでした。
粉の存在は無し、もしくはあったとしても極僅かと思われます、まあどっちでもいいけど(爆)



nosc6

滑らかな啜り心地のストレート細麺、加水は中庸で若干素麺ライク
スープとの相性はなかなかよろしくってよ(はあと)



nosc7

肩ロースのチャーシューは出涸らしライクながら肉質は非常に良好
熊谷市妻沼にある某精肉店の花輪がございましたので、そちらのお肉かと思われます。
肉付豚頭はまだあるのでしょうか?(超爆)
味付半玉は中心がミディアムで味付けの塩梅も良い加減でした。メンマはやや甘めで柔らかめ、その他白髪ネギ、水菜や胡麻も見た目だけでなくアクセントとして作用しておりました。



nosc8

お店の名前を人に伝える時困りそうです(笑)
この路線はこの界隈では希少なので、是非とも頑張ってほしいですねw
目指せ! 熊谷のBee Hive! 違うか(爆)

nosc10

あっ 年末年始。。。忘れたぁwww

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。