-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-08 19:00 | カテゴリ:桐生市/ラーメン いっき
ラーメン いっき

いっき醤油ラーメン 650円 半チャーハン 150円

【モデルチェンジ】

いっき1

本日は前橋へ出張でした。
同行者がこちらの常連である事を知り、帰りがけに久しぶりにお邪魔してみました♪
噂に依ると開店当初の超繊細な「吸い物ライク」スープからオーソドックスなスープに変貌を遂げているとの事。

メニューも一新

いっき6

こんな感じで登場です。 比較のため2010/10の一杯はこんな感じ。

いっき3 いっき2

鶏ガラが主張し鶏油の甘みや魚介の風味が漂いますが、あくまでもベーシックな醤油スープの範疇でございます。
とは言うものの素材感はなかなかでして、ありそうでなさそうなスープでございましょうw

「職人が自我を封印し一般的なスープを作ってみたものの、譲れないところは譲らない」と言った印象です。

いっき4

麺は以前と同様かな? 粉感は控えめで喉越しの良い平打ち麺

いっき5

チャーシューは真空調理ではなくなったようですが、肉質が(・∀・)

勢いで頼んでしまった半チャーハン これは非常にお得感がございます。

いっき2

非常にスキルの高いご主人とお見受け致しますので、いつか以前のスープも限定なんかしていただけるとうれしいラヲタここにあり(爆)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
スポンサーサイト
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(0)
2010-10-30 18:30 | カテゴリ:桐生市/ラーメン いっき
ラーメン いっき



得 ラーメン 650円

【改めまして】

台風が迫り来る中お邪魔してみました。

いっき1

店舗に入りますとテンス様がお出でになり。。。
「ラーメンはかなりあっさりしておりますので、コッテリがお好みの方は味噌ラーメンがおすすめです」

はい 存じておりますよ(笑)

トーチバーナーでチャーシューをブオオオオオオオオオオオオォォォォォォォォォォォォォッw
待つ事5分で到着です。

いっき2

やはり 美しい♪

「醤油」ラーメンとは言うものの「白」に依るトコロが大きいのか色目は薄褐色であります。
一口目のインパクトは極少の為「味がしない」と思われる方がおられるかもしれませんが、繊細な且つ秀逸な素材感を伴う素スープは深呼吸してからお召し上がり下さい(再笑)
油玉を極力排除している為 動物系特有のコクが感じられず、ひたすら「吸い物」になっているキモス(スマソ)

滑らかな啜り心地の不揃い手打ち麺

いっき3

加水高めで熟成されており 品よくまとめられておりますが、麺自体の主張はよわいかなぁ
粉の風味を感じられると更に良いかと思います。

スープの邪魔をしない程度に味つけられたメンマ

いっき4

肉の旨味が閉じ込められたバラ巻きチャーシュー

いっき5

真空調理特有の利点とネガが同居する諸刃の剣
せっかくインフラが揃っているのであれば、群馬では少ないピンクのチャーシューも試していただきたいと言ってみるテストwww

未訪問の方に説明すると、邑楽町の「麺龍」をさらにアッサリにして貝の旨味を加えたスープ、館林の「笹」「天狗」から鹹水臭を差し引いた麺、具材はいずれも薄味 かと思われます。

以上 ラヲタの独り言でした(爆)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)

【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)
2010-10-20 18:30 | カテゴリ:桐生市/ラーメン いっき
ラーメン いっき



ラーメン 600円

【不純な動機でスマソ】

R50を東に進みます、お目当てのお店の開店時間前にここまで来てしまいました。
そう言えば「新店」があったはず。。。

いっき1

なんとも言えぬ店舗外観
店内は清潔に保たれておりますが、如何せんチープな印象を強く覚えます。
店舗に入りますとテンス様がお出でになり。。。

「ラーメンはかなりあっさりしておりますので、コッテリがお好みの方は味噌ラーメンがおすすめです」

表記をオーダーしお水を口に含み深呼吸w
臨戦状態でございます♪
待つ事5分少々で到着したのがコチラです。

いっき2

おぉっ 美しいぢゃございませんか!
スープ表面に油玉がほとんど浮かず、丁寧に取り除いたと思われ、この時点で結構テンションが高まります。
それではいただきましょうw

動物系の出汁感は非常に控えめで「ラーメン」と言える最低ラインギリギリまで抑えられておりますが、ムクムクと魚介の出汁感、特に貝類からの旨味が口内に充満してまいります。
塩加減は程よいながら「醤油ダレ」の主張は弱めであり、素スープ由来の自然な塩気が心地よいです。
簡単に言えば「吸い物ライク」なスープでして、上品且つ繊細な味わいでございます。

そんなスープに合せられる麺「自家製手打ち麺」
モッチリとした食感ながら粉の風味は控えめであり、○特ナンバーワン系の滑らかな啜り心地を覚えます。

いっき3

吸い物ライク&手打ち麺 の相性をどのように捉えるかによって評価が別れそうですが、あたくし的には「かなり好き」な一杯でありましたw

バラ巻きチャーシューは肉感を残しながらもシットリとしており、味付け程よい秀逸な出来映え。
カエシダレを忍ばせての「真空調理」かもしれませんねw

いやいやいや、時間調整的に訪問した事に心の底からお詫び致します(笑)

テンス様の話によると「白湯」も作成中との事ですので、この一杯はWスープなのでしょう。
「麺」「スープ」ともに手作り感があり、尚且つ素材感たっぷりのスープがいただける期待の新店でございました。

今後に注目したいです。 でも。。。 これ。。。 受けるかなぁ(心配)
スープまで姦淫したのでお目当てのお店にはお邪魔せず帰る事に致しますw
ってか、ここがお目当てになる訪問が増えそうですが 何か?www

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(6) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。