-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-05 13:30 | カテゴリ:太田市/らぁめん廣(旧 日本一)
らぁめん廣店舗スタッフブログ

中華そば(醤油)600円

【祝 開店】

廣1
現時点での店舗情報
住所:群馬県太田市新田村田町1224-7
営業時間:11:00~21:00
定休日:不明

兎に角開店おめでとうございます!

店舗に到着してまず驚いたのがコレ
廣2

あのヘビースモーカーが(笑)
店舗内の配置は入口右手がL字カウンター、左手がテーブル席 小上がりがテーブルになっただけで日本一時代とクリソツw

メニュー
廣3 廣4

1枚1枚手作りです! コピーなんてしませんよ的な。
とんこつ系は「醤油」「塩」「味噌」が用意されております。そこは書こうよwww
店主の他、若い男女のスタッフの3名にて運営されており、指導的な会話が見受けられます。

そして到着
廣5
中華そば(醤油)600円

日本一の「黄金系鶏スープ」かと予想しておりましたが思いのほかブラッキー
チャーシュー、メンマ、モヤシが奢られております。

スープ
廣6

やはりレンゲがでかいw
表層の油層がコッテリ感を醸し出し、決してあっさりスープとは言えませんが鶏の風味が心地よく感じられました。
これなら塩もいけるかも。


廣7

中太のストレート麺 加水は中庸でもっちりとした食感です。
日本一時代と非常に似ております、もしくは同じかな?


廣8 廣9

チャーシューがめちゃくちゃ(・∀・)イィ!
ごはんが欲しくなってしまいましたよw

ぢゃ いっちゃいますか(爆)

ひとまずごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)

=【以下チラ裏】=

昨年の4月まで桐生市に「日本一」と言う「コアな豚骨ラーメン店」が存在した。
初めて訪問したのは今から20年以上前だったと思うが、当時は店名を知らずに「桐生のクサネギ」と仲間うちでは呼んでいた。とにかくクサかったのだwww
当時は日によって店主が違っており、眼光鋭い大将の他スキンヘッドのシトや金髪のシト、後の伊勢崎⇒太田市岩瀬川町のラーメン店「良家」(現在は閉店)の店主や伊勢崎のラーメン店「岳飛」⇒「トントコトン」(現在は閉店)の店主も含まれていた。
いつ頃から安定的に現在の店主が厨房に立つようになったのかは覚えていないが、その精密機械の如きオペレーションと「特濃」と名された「濃厚メニュー」を開始する等、ごく一部のラヲタの心を掴んではなさない存在であった。
それが突然の火災による閉店。。。

その店主が地元で「自分の店」を構えるとの情報をお聞きしたのが先月、いてもたってもいられず確認をしに行ったのがこちらの記事であった。

そして 本日 開店の日だ。
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(4) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1019-74b07ece
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。