-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-10-08 17:30 | カテゴリ:太田市/大勝軒赤ふじ 太田店(閉店)
大勝軒赤ふじ 太田店麺屋こうじグループブログ)(店主ブログ

角ふじ麺(中盛) 750円

【ドロ登山】

赤ふじ1
店舗情報
住所:群馬県太田市下小林町540
定休日:年中無休
営業時間:11:00~23:00(22:30ラストオーダー)

【北関東アブラー隊活動記録】
遅ればせながら初訪問となったコチラのお店 派手な外観にちょっと引く(笑)
本庄1店舗、地味な看板でレギュラーメニューのみの営業をしていた頃が懐かしく思えたりするのです。
豚感満載の「中華そば」が非常に美味かったのですよ。。。さて本題www
以前のお店からの変更点と致しましては券売機の位置が変わり、奥手の小上がり一部が収納庫(?)になっておりますが、店内の雰囲気は以前同様と言えましょう。
赤ふじ8 赤ふじ9
開店当初には販売されていなかった「角ふじ麺」をポチリ
赤ふじ2
角ふじ麺(中盛) 750円

なだらかな傾斜の小山はキャベツの比率がやや多めで、山頂に漬けニンニクが奢られ、大判のチャーシューが鎮座しております。

スープ
赤ふじ3
見た目では全く予想しておりませんでしたが多めに背脂が忍ばせてあり、ややドロッとした口当たり。
大蒜の効いた醤油ダレ効果もあってかなりのインパクトを伴い、県内に多くある「ふじ麺」とは全く異なるスープでございます。コチラの「とんらーめん」に近く調整されており、良く言えば「常盤台」、言い換えると「にんにくげんこつ」を彷彿(スマソ)。何れにしても「東京豚骨」ライクでございます。


赤ふじ4
加水がやや低めと思われる太麺はややウネ スープに負けず主張を致します。
とは言うものの「粉の風味を楽しむ」よりも「大蒜醤油のスープの良きお供」と捉えた方がしっくり来るかな。


赤ふじ5 赤ふじ6
大判のチャーシューはトロホロまで煮込まれておりますが若干のビーストフレイバーを伴い、漬けニンニクがさらにジャンク度をアゲアゲなのであります。

お手軽なプチ登山を予想して訪問しましたがなんのなんのw
近所でドロ系豚骨醤油が食えるとは思っておりませんでしたよ。
「とんらーめん」も近日発売らしいので是非とも近所の自営業の方に召し上がっていただきとうございます もちろん「背脂多め」で(笑)

食後のスープ
赤ふじ7
ね?(爆)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(1)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1201-954f1b75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。