-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-10-21 12:00 | カテゴリ:古河市/支那そば 阿波家
支那そば・横浜タンメン阿波家地鶏ラーメン研究会HP)(ブログ

塩ラーメン 600円

【直営店】

阿波家1 阿波家2
店舗情報
住所:茨城県古河市久能975-14
定休日:水曜‥祝日の場合営業、翌日休み
営業時間:11:00〜15:00 17:00〜22:30

国道4号線沿いのお店が閉店しコチラが新たに開店となった「支那そば 阿波家」(旧 ネギ大将阿波家)
以前から地鶏研の中で唯一「支那そば」を名乗り具の構成も独自色を出しておりましたが、コチラのお店は「支那そば」に加えてなんと「タンメン」を主力商品にしております。古くからの地鶏研フリークからすると驚きなのでありますよw

メニュー&メンバー募集
阿波家3 阿波家4

でもオーダーはこれなんですが(笑)
阿波家5
塩ラーメン 600円

大判の肩ロースチャーシュー、メンマ、海苔は地鶏研の定石通りですがそれに加え半玉、ナルトが加えられております。

スープ
阿波家6
細かい浮遊物が確認できるスープは初動で鶏の風味と旨味がドンと責め立てて参ります。と同時に魚介、特に貝類と思しき旨味を感じ非常に判りやすい美味さを呈しております。
直営店らしいワイルドさも僅かながら見受けられ、前橋の人気店と出自は同じながらより「らしさ」を感じる事が出来ます。


阿波家7
当然のように「かんすい」を感じない細ストレートを予想しておりましたが、「タンメン」にも使用する事を想定してか弱縮れのいわゆる中華麺でして、もちろんかんすい臭を伴います。
これはちょっと残念でした。

チャーシュー
阿波家8
周囲が炙られた「地鶏研」ならではの肩ロースチャーシュー
味付けは薄めでシットリとした食感がうれしいです。


阿波家9 阿波家10
味付け強めの半玉はミディアムレア かなり美味いw
メンマは塩蔵かと思われ食感ヨロシ ナルトは「」(笑)

食後の丼
阿波家11
不明の浮遊物が数多く残っておりますw

予め2種類のスープを作り、提供前に合わせて再加熱するような洗練された「鶏塩」とは対極の「地鶏研」
「出来立て」だからこそ感じられる風味の良さは個人的には大好きなのです。
クックサーブ万歳www

*これに100円足せば材木屋が食える。。。なんて言ったらイヤンwww

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1217-86714919
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。