-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-10-21 17:30 | カテゴリ:佐野市/麺処 ぼたん 佐野店
麺処 ぼたん 佐野店店舗HP)(店主ブログ

和風塩ラーメン 590円

【お久しぶりです】

ぼたん1 ぼたん3
店舗情報
住所:栃木県佐野市堀米町1696-1 コーポラスアベニュー 1F
定休日:無休
営業時間:[平日] 7:30~20:30  [土日祝] 10:30~20:30

この記事を拝見して初めてお邪魔してから4年が経とうとしております。当時は旧大平町の「プラッツおおひら」内で「美味食間 くわ田」(おいしいうかん くわた)という店名で営業しており、ラーメン専門店ではなく和食中心の定食屋さんでした。
くわ田2
豚骨魚介全盛ではありましたが、極太のひもかわうどんのような麺、スープ割はそば湯の容器で提供するなど独創的なアイデア溢れる一杯をいただき非常に感動した記憶がございます。
くわ田3 くわ田1
その後「麺処ぼたん」として栃木市内に開店して以降は立地の関係で数回しかお邪魔できず、店主様とお話しする機会もありませんでしたが、今回佐野市に新たなお店を構えるとの情報をお聞きして突撃したのであります。
「くわ田」初訪時に「この店主様は数年後、栃木県内のラーメン界の中心的存在になるだろう」と断言した者としては感無量なのでございます(シミジミ)
夜の部シャッター(プレオープン期間は通し営業ではなかった為)でお邪魔し一番目の客でしたので、店主様にお祝いの言葉を当時の恥ずかしいハンドルネームで申し上げたところ覚えていてくださいました(笑)

お待ちかねの一杯はコチラ
ぼたん4
和風塩ラーメン 590円

「ぼたん@栃木市」に存在する「清湯」を予想しておりましたが思い切り外れました(笑)
メインのスープは「白湯」のみとし、そこに魚介スープを加えて「あっさり系」を提供するようです。
チャーシュー2枚、極太メンマ、白髪ネギのみのシンプルな出で立ちでございます。
個人的に彩り以外に価値を感じない水菜等を加えて単価を上げるよりもこのようにシンプルに徹して600円未満を実現してくれた事に店主様の良心を感じます。

スープ
ぼたん5
サラリとした口当たりながら食べ進みにつれ口の周りがペタペタになる程の濃度を備えます。
店主様が常駐する事が出来ない遠隔地に於いてスープの本数を減らす事は「ぼたん」としてのクオリティを保つ上で重要なのでしょう。清湯の鶏塩がいただきたい方は本店を目指す事をおススメしておきますが、これはこれで十分な素材感でございます。


ぼたん6
細ストレート麺はパツンとした噛み応えで魅力的


ぼたん7 ぼたん8
トロホロのバラストレートは煮豚、肩ロースと思しきもう1枚は炙りが加えられておりともに秀逸な出来映えです。
極太メンマは強めの調味が加えられ味濃い目ですが、全体のバランスを崩す程ではありません。

久しぶりに店主様の作る一杯をいただき、本店の「清湯」が食いたくなったのは言うまでもありません。
「くわ田」時代の超個性的な一杯を望みたくなるトコロではありますが、商売として成り立たなければ本末転倒になってしまいます。
いつの日か「創業の味」として限定でもしていただければ本望でありますので、みなさんどんどん通って下さい(笑)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(4) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1219-5685afc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。