-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-12 12:45 | カテゴリ:●埼玉県
ほん田 niji店舗HP

特製豊潤鶏だしラーメン 950円

【ハードル】
ほん田1
店舗情報
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-324-1
定休日:無休
営業時間:11:30~15:00 18:00~22:00

お次のお店はコチラでございます。
この界隈で人気を誇るお店のほとんどが「清湯」専門ではない事がちょいと引っかかりますが、お邪魔してみましたw

店外メニュー&サイドメニュー
ほん田2 ほん田3
ちょっとだけ予習しましたので悩む事はないんですけどねw

チャーシューとメンマの説明&組合せ例
ほん田4 ほん田5
メンマのみ選択を迫られましたので「極細」とお願いしてみました。
ほん田6
特製豊潤鶏だしラーメン 950円(メンマ極細)
素ラーメンと別皿具材が提供されます。
この時点でハードルあげあげなのは言うまでもございません(笑)


ほん田7
白髪ネギ、水菜が奢られるのみのシンプルな構成でございます。

スープ
ほん田8
「豊潤」とネーミングされております。
やや名前負けしていると感じるのはあたくしだけでしょうか?
もちろん初動に感じる鶏の風味、更には貝類と思しき旨味を備えた香味油はそれなりの満足を与えてくれますが、素スープの素材感はやや低く感じます。スマソw


ほん田9
チュルチュルとした啜り心地のストレート麺は加水中庸、鹹水の存在を意識させます。
粉感は控えめなのであくまでもスープのお供と理解しましたが、スープ自体の頑張りがもう少し欲しいw


ほん田10
定番ほん田の定番
豚肩ロースを塩・ブラックペッパーで下味を付けて真空調理で旨味を閉じ込めた絶品チャーシュー

だそうです。 豚のタタキ状態とご理解下さい。

ほん田11
脂が乗った豚肩ロースを塩揉みし塩茹でしたホロホロ肉を炭火で炙ったチャーシュー
だそうです。 獣臭が強くてまいりました スマソ。

ほん田12
バラ醤油や蜂蜜などを使ったタレで煮た豚バラ肉を炭火で炙ったチャーシュー
だそうです。 やや甘めの味付けでトロホロな食感がうれしいです。

ほん田13
鶏⇒鶏ムネ肉を鶏モモ肉で巻いたロールチキンに秘伝のタレをぬり炭火で炙った鶏チャーシュー
だそうです。 真空調理の鳥ムネ肉を炙っただけかと思います。

ほん田14
大人の炭焼味玉
ゼラチン状の黄身が特徴的でうまい!

ほん田15
極細メンマ
コリットした食感でブラックペッパーがまぶしてありややスパイシーです。

どの具材も主張が強いのでスープに入れる気になりません、どうしましょw

ほん田16
後半は柑橘系が強く感じられました。

卓上
ほん田17

多彩なチャーシュー他手の混んだ具材が多く提供されております、スタッフの1名は常にチャーシューを炙っており非常に手間をかけている事は理解できますが、スープがもう少し主張して欲しかった。。。
女性スタッフの接客は素晴らしく好感を持っただけに非常に残念でございました。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1283-debbcd24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。