-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-03 12:45 | カテゴリ:●西毛(高崎・安中・富岡)
陽気軒

全部のせラーメン 800円 Bセット 250円

【看板一新】

陽気軒1
店舗情報
住所:群馬県高崎市吉井町塩川37-4
定休日:毎月2日・15日・22日・26日他
営業時間:11:00~19:30

2年半振り2回目の訪問でございます。
真新しい店舗看板が眩しいほどに主張します。
【2010年8月】
陽気軒1 陽気軒2 陽気軒3
【2013年1月】
陽気軒2 陽気軒3 陽気軒4
老舗の食堂然とした店内は不変で素晴らしいCPもそのままです。
陽気軒5 陽気軒6 陽気軒7
鶏白湯スープを使用する「味噌」もいただきたいところですが、またもや表記をオーダーです。
オーダー後数分で到着したのはコチラ
陽気軒8
モスラBセット(ジャンボギョーザ3ヶ)250円
でかい でかすぐる www
これをパックンできるのはモンスターリッパーくらいかw
陽気軒9 陽気軒10
太平洋!!!
このデカさの餃子が数分で焼き上がる事は考えにくく、混雑時は予め仕掛状態を作っておくのかと思われます。
「佐野の餃子」がミニパックンに見える程のデカさを誇りますがギッシリの餡は十二分にジューシーw
間違いなく手作りであろう皮が幾分ふやけ気味なのが前記を確信させます。
余りのデカさに悪戦苦闘しているとラーメンの到着です。
陽気軒11
全部のせラーメン 800円
具材が豊富でスープも麺も見えない程でございます。
チャーシュー3種、海苔、メンマ、ナルト、海苔、薬味ネギ、味玉がトコロ狭しとならびます。
ベーシックな醤油ラーメンは450円ですので、この価格でもこんなに具沢山になるのですねw

スープ
陽気軒12
ガラ感タップリでやや甘めなスープはカツオと煮干の風味を強く感じます。
これはかなり本格派でございますよw 鶏白湯スープもいただきたいところであります。


陽気軒13
確か以前は「手打」の表記があったと記憶しておりますが、今回は特に謳われていない自家製麺。
加水少なめでややゴワっとした食感で東毛ではお目にかかれない類いです。
敢えて言えば「おぐら屋」系の麺を更に更に低加水にした感じでしょうかw


陽気軒14 陽気軒15 陽気軒16
バラ巻きチャーシュー(左)
トロホロでアブラ多めです、ニヤリ。
特製チャーシュー(中)
角煮形状でアブラ多めです、ニヤリ。
炙りチャーシュー(右)
カリカリでアブラ多めです、ニヤリ。
後半になるとアブラ達の働きによりスープの旨味が確実に上がってましたw
陽気軒17
メンマはコリコリとした食感で手作り感強し、味付けも弱甘めでうんまいw
陽気軒18 陽気軒19
黄身までしっかり味付けされたハードボイルな味玉、プチ「ポンイチ」ライクでございます。

固形物完食後のスープ
陽気軒20
ホラネwww

聞くところに依ると息子さんがあたくしと同年齢の従兄弟と同級生らしく、代変わりして看板一新なのかもしれません。だとするならば、お店の良き伝統を見事に受け継いでいると言えます。
お隣のテーブルの家族連れのお客様が3人でジャンボ餃子(5ヶ)を2人前頼んでいましたが、食べきれたのかが非常に気になります(笑)
老舗の一杯 非常に満足でございました。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1311-76490331
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。