-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-28 12:00 | カテゴリ:佐野市/佐野らーめん 利休
佐野らーめん 利休公式サイト

つけめん(塩) 730円

【店名以外はストライク】

利休1
店舗情報
住所:佐野市越名町2040-2
定休日:火曜日・毎月第1月曜日
営業時間:11:00~21:00(材料が無くなり次第終了)

大型連休中の佐野は大混雑。
本日は午前中にイチゴ狩りで家族サービス。
お昼はチチの嗜好に合わせてコチラであります。
今まで何度も同じような事を書いておりますが、「佐野らーめん」の冠はどう考えてもしっくり来ないのであります。
特にラーメンに詳しくない方がアウトレットに来たついでに近所の佐野らーめんでも。。。
とコチラに入ったとしても「佐野らーめん」を食った事にはならないのでございます。
まぁ いいか(爆)
そのような方々を含めて大混雑 ウェイティングボードで確認すると30名以上の待ちであります。
愚息と「しりとり」をしながら待つ事30分以上、なんとか座敷席に陣取る事ができました。

メニュー
利休2

まずは愚息の一杯が登場
利休3
お子様セット(塩) 480円
予想の遥か斜め上のミニマムラーメンなわけだが(笑)

相方は醤油、あたくしは初オーダーのコチラです。
利休4
つけめん(塩) 730円
ここ数日マイブームの清湯和風つけめんど真ん中。


利休5 利休6
今までコチラの麺に特筆を感じた事はありませんでしたが、申し訳なかったと思います。
麺打部屋で作成される自家製麺は太さこそ揃っておりますが、丁寧に手もみが加えられており啜り心地は上々。
しっかりと締められておりコシも及第点以上、そして若干甘さを感じると共に粉の風味を覚えます。
相方のラーメンは混雑が故かややコシがなかったとの事でありましたが、これはビックリでありました。

つけダレ
利休7
ラーメンに比べて明らかにカツオや昆布の旨味を強く感じます。
と同時に鶏の風味は引っ込みますが、それを補って余ある素材感にニッコリでございます。


利休8
角切りチャーシュー、メンマ、小松菜、ナルトがつけダレに含まれております。
唯一不満だったチャーシューがラーメンとは別物の厚切りバラで、非常に美味。

スープ割り
利休9
更に「和」が強くなり辛味スパイスを投入、残った麺と一緒にいただきました。

出身店のコアな部分はしっかりと引き継ぎながら、地場の味覚に合わせたカスタマイズ。
しかも通し営業ではないですか!
ご近所だったら非常に重宝しそうです(笑)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1454-3f6f5c9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。