-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-06-01 12:00 | カテゴリ:●西毛(高崎・安中・富岡)
支那そば まるこう

しなそば 750円

【新店】

まるこう1
店舗情報
住所:群馬県高崎市高関町289
定休日:月曜日
営業時間:11:00~スープ切れまで

個人的にそそられるネーミングのコチラ、ガマンできず訪問して参りました。
店舗到着はちょうどお昼 待ちが発生する程に混雑する店内は非常にオサレ。
店舗中央に調理場が設えており、それを取り囲むようにカウンター席のみが19席ほどございます。
とにもかくにもアウェイ感が漂います(笑)
まるこう2 まるこう3

厨房に男性2名、ホールに女性2名、製麺室に男性1名から構成されており、人的投資は相当と思われます。
開店当日とは言うもののオペレーションの乱れもなく、酉こう炭こうで培った技量に依るものかもしれません。

メニュー&卓上
まるこう4 まるこう5
メニューは非常にシンプル。
清湯系の「しなそば」と白湯系の「白湯そば」の2本立て、「鴨」が付くメニューは「チャーシューメン」とお考え下さい。
白湯よりも清湯の方が高価格である為ハードルが上がります。

そんな一杯はコチラ
まるこう6 まるこう7
しなそば 750円
鴨肉、メンマ、みつば、青ネギからなるシンプルな出で立ちで登場です。
トリュフ油が添付されており、途中で加える事をおススメしていただきました。

スープ&麺
まるこう8 まるこう9
油分を除去されたと思われる琥珀色のスープは香味野菜、特に人参とタマネギの甘みと鶏ガラの旨味を伴ったブイヨンの如し。
ラーメンスープとしては異色と言ってもよろしいのではないでしょうか。
コレを個性ととるか亜流ととるかは貴方次第です。
後半にトリュフ油を投入、コクと旨味が増しますがあくまで飛び道具の範疇。
自家製の麺は中太ストレート、加水は中庸でモチプリとした食感、スープの甘みを程よく持ち上げてくれます。

どこかでコレに似た一杯をいただいた記憶がございまして。。。
どこだろう どこだろう。。。
あっ 思い出した! 悪気は全くないのですが公言は避けておきます。

鴨肉
まるこう10
絶妙な火入れによりピンキーを維持した鴨肉は果実の甘みを感じます。
単体でいただけば相当美味いのでしょうが、やや調味が強めであるた為、コレをいただいた後にスープを飲むと駄舌が故、味覚崩壊となっておりました。
よって最後にいただく事をおススメしておきます。

西洋料理をご存知の方が作り上げた一杯かと思われます。
エレメンツ個々はよく考えられて作られておりますが、全体としてのまとまりに個人的には?がつきました。
そもそも「支那そば」というネーミングから想像する一杯とはかけ離れていると感じてしまいました(スマソ)

お店の名誉の為に申しておきますが、非常に丁寧に作り込まれた一杯である事は間違いありません。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)

高林ラヴ。飲茶。
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(4) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1493-b4b75e00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。