-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-06 14:15 | カテゴリ:壬生町/ラーメン二郎 栃木街道店
ラーメン二郎 栃木街道店

ラーメン650円+つけ麺150円=800円(アブラ・カラメ) 生卵 50円

【初つけ】

栃木二郎2 
店舗情報
住所:栃木県下都賀郡壬生町本丸2-15-67
定休日:日曜日
営業時間:平日11:30~14:45 18:00~21:00 土11:30~15:30
(いずれも麺切れ終了あり)

梅雨明けとなったこの日、内陸を中心に関東地方は酷暑。
館林では37℃を超える猛暑日となりました。
そんな中、列んでみましたよ。14:00過ぎでも外待ち8名の二郎さんです。

今回は初めて「つけ麺」をいただいてみましょうか。
「つけ麺」のオーダー方法は「ラーメン」の食券と「つけ麺」の食券の両方が必要になります。
二郎1
左:つけ麺150円 中:生卵50円 右:ラーメン650円

つけ麺のオーダー率は低くあたくしのロットでは1名のみ。
酸味とごま油が効いているらしいのでカラメ・アブラでお願いしてみました。
二郎2
つけ麺 800円(アブラ・カラメ) 生卵 50円
凄まじき この物量 どうしてくれようか(笑)


二郎3 二郎4
400gは確実に超えているであろうオーション麺。
歯応えを残しながらもモッチリ感を伴う二郎らしい茹で加減。
水道水で〆られておりますので、温度は人肌程度。
小麦の風味を伴いうどんライクなそのお味は、そのままいただいても美味い。

つけダレ
二郎5 二郎6
ラーメン(麺少なめ)の丼で登場です。これだけでもかなりの物量かと。
ハンペンがゴロゴロと鏤められており食う前からウップ(爆)

二郎7 二郎8
乳化度低めのスープに醤油ダレ、酢、ごま油が加わりますので豚感はややマスクされますが、カラメ・アブラ効果によりフカーツでございます。隊員目線的には涎が止まりません。


二郎9
ドデカ豚2ヶとブロック状のコロチャーが3ヶ程奢られておりラーメンよりも多めのセッティング。
いつもの如く「神豚」と言って良い出来映えは肉質の良さがあってこそでございます。

別丼
二郎10 二郎11
生卵 50円
お値段以上の効果は間違いなし。
後半はつけダレに投入してマロヤカさを加えます。

あたくしは麺とつけダレをセパレートでいただくクセがありますので問題ないですが、麺をつけダレに浸す場合は温度低下が懸念されます。
レンゲがを最初から使用してセパレート食いをすれば最後まで温かくいただけると思います。
麺と豚の増量は予想以上のダメージ、若干麺を残してしまいました。スマソ。
スープ割はないようですが、体制に影響はなし(笑)
本日は1軒で終了 麺少なめは必須です。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1535-b5eafaf6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。