-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-01 19:00 | カテゴリ:●東毛(館林・太田・桐生)
田吾作

Bセット(らーめん 唐揚げ 半ライス)850円

【一番人気】

田吾作1 田吾作2
店舗詳細
住所:群馬県太田市丸山町1453
定休日:水曜日
営業時間:11:30~20:30

お昼時は駐車場が車で溢れるコチラのお店。
噂に依ると「らーめん」と「唐揚げ」が人気らしいのでお邪魔してみました。

メニュー
田吾作3 田吾作4

掲示メニュー
田吾作5

店内は先客様が数組いらっしゃり、ほとんどの方々が「唐揚げ」を召し上がっております。
食べ過ぎになる事は重々承知しておりますが表記をオーダーでございます。
常連様らしきお客様との会話が聞こえ、牧歌的な空気が漂う中、到着したのはコチラです。
田吾作6
Bセット(らーめん 唐揚げ 半ライス)850円
ゴージャス!
貧乏性が故か無意味に笑みがこぼれます(爆)

らーめん
田吾作7 田吾作8
単品で頼むと500円のお品。
チャーシュー、メンマ、ナルト、ワカメ、薬味ネギが褐色のスープに乗ります。

スープ&麺
田吾作9 田吾作10
細かい背脂が浮くスープは動物系が穏やかに主張し魚介がほんのりと追随。
調味料の頑張りが旨味を底上げしやや薄味ながらもラーメンスープとして成立させている印象。
食堂系のラーメンにありがちな「生姜」や「胡椒」を感じない事も手伝い店舗雰囲気同様「和」を意識させます。
麺はやや加水が低めでかんすいの作用により十分にコシを伴う中太のライトウェイヴ麺。
ボソットした口当たりで粉っぽいその食感は予想外、所謂高加水のチュルチュル麺を予想していただけにうれしい展開。


田吾作11 田吾作12
肩ロースと思しきチャーシューはやや小振りながら周囲が炙られテマヒマを感じ、肉質も及第点以上。
タップリのメンマはやや甘めの調味加減でスープとの相性もよろしいです。

唐揚げ
田吾作13 田吾作14
30~40gの唐揚げは6個も提供されますので200g前後。
程よく下味の付いた鶏ムネ肉は揚げたてが故かホクホクとした食感。
脂身がないのでジューシーではありませんが、シットリとした食感でムネにはムネの美味さがございます。
片栗粉が多めのルーはクリスプな噛み応えで非常に薄め設定、バッター液で重量を稼ぐ既製品との大きな違いです。
付け合わせの生野菜はコールスローとレタス、卓上に配備されたサウザン系のドレッシングいただきました。

半ライス
田吾作15 
じゅうぶんな食味と粘りを有しており、業務用の複数原料米ではない事が想起されます。
ごはん単体で食べ続ける事も可能なクオリティを備えており お腹のキャパと反比例してうれしさがこみ上げて参ります。

やり放題
田吾作16 田吾作17
珍コレにも対応します。

田吾作18
委員会活動容認でございます。

大きめな店舗兼住宅で運営される地場に密着したお店。
良心的な価格、家庭的な雰囲気、そして手作り感に溢れており、全てが平均点以上。
家族で再訪問する日が来る事は確実でございます。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(1) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1561-ee2edda4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。