-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-03 12:00 | カテゴリ:●埼玉県
麺屋 番

味玉ラーメン(細)塩 730円

【内陸でいただく神奈川淡麗】

番1
店舗情報
住所:埼玉県川口市江戸袋1-11-3
定休日:火曜日
営業時間:11:30~14:00 17:00~21:00

ノスタな地域への遠征2軒目は超有名店出身のコチラのお店です。
ややチープな(スマソ)券売機にて表記をポチりカウンターへ、丁度エアコンの風が当たる場所なので非常に助かります。

卓上
番9
メニューの説明や蘊蓄はまったくなく、自らの出自をアピールする事もございません。
最近ではめずらしい程の奥ゆかしさを覚えます 好きです ハイ。

到着したのはコチラ
番2
味玉ラーメン(細)塩 730円
おぉっ 美しい!
チャーシュー、メンマ、青菜、味玉、海苔、薬味ネギが均整に盛りつけられております。

スープ&麺
番3 番4
鶏中心の動物系出汁が主張するが否や魚介が追随、そして揚げニンニクやネギの香りが締めくくる非常にバランの良いスープでございます。数少ない経験の中で言えば「ZUND-BAR」を思い出しました。
加水中庸の細ストレート角麺はチュルチュルとした啜り心地ながら咀嚼すると仄かに香ばしさを伴います。
麺の写真をよくよく見ると細かい斑点が確認できますので胚芽が練り込まれているのかもしれません。


番5 番6
提供前に七輪で炙られたチャーシューは脂身がないながらシットリとしており、肉質の良さを物語ります。やや甘めの味付けで主張が強く肉増ししたくなる程の出来映えです。
味玉は50円増しで提供されるCPの良さ、と思ったらデフォでも半玉が付いているようでした。
ベリーレアな状態で味付けの塩梅は完璧です。

番7 番8
やや甘く仕立てられたメンマは素材感もあって美味い、青菜は主張をせず箸休めとしての働き。

この地でコレがいただけるならばわざわざ神奈川まで行かなくてもインヂャネ?
と思える程のクオリティを備えながら、自己顕示のないお店のスタイルに感銘を受けました。
いつか再訪問して「醤油」もいただいてみたいです!

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1563-a22e125b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。