-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-15 11:45 | カテゴリ:●東毛(館林・太田・桐生)
平野屋支店

ラーメン 600円

【本日ラーメンディ】

平野屋支店1 平野屋支店2
店舗情報
住所:群馬県館林市緑町2-24-28
定休日:水曜日
営業時間:11:00~18:00

本日フリーの身となりましたので久しぶりにお邪魔したのは、言うまでもなく館林屈指の行列店である平野屋支店さんです。
本来は「お蕎麦とうどんのお店」ですからね 間違いなく(笑)
それがこのような状態なわけですよ。
平野屋支店3
「本日ラーメンのみ」
コチラのお店のお客様のほとんどがラーメンが目当てである事を象徴しております。

メニュー(ラーメン抜粋)
平野屋支店4 平野屋支店5
カレー南蛮を食べに来ましたが(ウソ)デフォのラーメンをオーダーです。
当然相席 店内満席 50名以上 
待ち時間の間にお昼を迎え黙祷です。

平野屋支店6

久しぶりの一杯はコチラです
平野屋支店7
ラーメン 600円
チャーシュー、メンマ、海苔と非常にシンプルな構成は以前同様。
太田手延べにも通ずるビジュアルでございます。

参考画像
喜満6 大金
喜満太田本店@太田 大金@前橋

スープ&麺
平野屋支店8 平野屋支店9
淡いです。非常に淡い。
動物系はほんのりと豚の風味を感じる程度、醤油ダレの主張も然程強くはなく調味料の底上げによってラーメンスープの体裁を保っている印象です。
動物系はチャーシューからの出汁だけだとすれば「太田手延べ」同様と言えますが、生姜や胡椒を感じる事はありませんでした。
それに対して麺の主張は非常に強く、太さがマチマチでコシを残した不揃い麺は粉の風味を伴い、モノの見事に「うどんライク」 間違いなくこの一杯の主役でありますよ。


平野屋支店10 平野屋支店11
肩ロースのチャーシュー、メンマともに素材感のある出来映えで納得の一品です。

とにもかくにも「麺」が主役の一杯。
スープの大人しさが余計にその印象を強くさせます。
しかし、店内は常に満席で圧倒的な人気を誇る地元密着の繁盛店でございます。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1576-c686ac59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。