-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-15 13:00 | カテゴリ:館林市/つけ麺 弥七
つけ麺 弥七店舗ブログ

中華そば(あっさり)塩 650円 味玉

【清湯提供開始】

弥七1 弥七2
店舗情報
住所:群馬県館林市赤生田町1987-3
定休日:月曜日・第3日曜日
営業時間:11:30〜15:00頃、今のところ夜の部の営業はしておりません

三郎の提供を中止して以来「通常メニュー」と「気まぐれメニュー」の違いが明確でなかったですが、この度なんと「清湯メニューの提供」と相成りまして早速お邪魔してみました。
ちなみに加藤鷹の引退を心から惜しむ隊長がお送りいたします。

店内は然程の広さではないながら3台ものエアコンがフル稼働。
十分に涼しい店内を保っているトコロもポイント高いです。

お待ちかねの一杯はコチラ
弥七3 梅宮
中華そば(あっさり)塩 650円 味玉 写真はイメージです。
なんでこの時期にこのチョイスなんだ アンヌ隊員(爆)
このビジュアル 食う前から美味いのが予測できますよ。
いっぱい いっぱい でた〜〜〜〜〜〜〜
バラ巻きチャーシュー、穂先メンマ、海苔、みつば、海苔が薄褐色のスープに奢られております。

スープ&麺
弥七4 弥七5
表層に油玉が僅かに浮く薄褐色のスープは鶏の風味が初動で働き、グル系の旨味と塩ダレ由来と思しき複雑な風味が口の中で交差し合います。アレやコレを感じますが未確認なので言えません。
かなり凝った仕様で作られていると思いますよ。
中細のストレート麺は加水はやや低めから中庸、プチンとした噛み応えを有する茹で加減で仕上げられており咀嚼すると小麦の風味が口内に充満いたします。
是非ともゆっくり味わっていただいて欲しい麺でございます。


弥七6 弥七7
バラ巻チャーシューの出来の良さは通常通り、肉感を残した煮加減で素材の味を伝えます。
穂先メンマはこのメニューのために仕込まれたと思われ、気合いの入れ方に感動します。

弥七8
ミディアムレアの味玉はご好意でいただきました スマソ。

素スープの秀逸さも去ることながら、塩ダレにも相当拘ったと思われますので是非とも醤油もいただきとうございます。
アンヌ隊員の心意気にバンザイ。
入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり!入れたり!出したり! 

あぁ 疲れた。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)    
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1577-a34609d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。