-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-08 15:00 | カテゴリ:●北毛(沼田・渋川)
本家伊勢屋

中華そば 並 550円

【ブタツヨ中華】

本家伊勢屋1
店舗情報
住所:群馬県渋川市坂下町898-57
定休日:不明
営業時間:不明

先週に引き続き「伊勢屋」さんです。
本日は「本家」とも「坂下店」とも呼ばれているコチラのお店です。
もちろん真相は存じ上げません、低級ラヲタの性であります(爆)

店内の「和菓子」販売スペースは一角のみで「本店」よりも狭く設定され、イートインスペースが多く取られております。と言うか普通の食堂の雰囲気さえ漂います。
本家伊勢屋2 本家伊勢屋3
中華そばの他はもちろん和菓子や巻物を揃えております。

卓上
本家伊勢屋4 本家伊勢屋5
卓上に設えた調味料類にはソースも存在します。
いったい何に使うのでしょうか。。。

春日
考えると眠れなくなりそうなわけだが。
メンと麺とメシ的展開です)

遠い記憶よりも50円高くなった中華そばはコチラ
本家伊勢屋6
中華そば 並 550円
タップリのスープに油玉が多めに存在、チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、薬味ネギが乗ります。

スープ&麺
本家伊勢屋7 本家伊勢屋8
表層の油玉が豚の香りとコクを醸し出すノスタ系醤油スープ。
一口目の「豚感」はインパクト強めでして、初訪問の方は驚くかもしれません。
ブタツヨと言っても「かんちゃん@壬生町」や「一品香今宮店@宇都宮」などのように素スープ自体が主張するのではなく、「チーナン食堂@小名浜」のような飛び道具的効果かと思われます。
決して「ブタクサ」まではなっておりませんので老若男女問わずいただけるコクのあるスープとご理解下さい。
中細の弱ちぢれ麺は思いのほか麺量が多く、3軒目としてはかなり来てます(笑)
昔ながらの中華麺と言うよりも店舗雰囲気からか「関所食堂@下仁田」の麺を思い出しました。


本家伊勢屋9 本家伊勢屋10
ミッシリとしたチャーシューは赤身肉のみ、歯応えを残した煮加減で調味の塩梅も良く仕上げられ、メンマも手作り感の強い出来映えになっております。

本家伊勢屋11 本家伊勢屋12
厚めに斜め切りされたナルトは箸休めになる程の分量を備え、そして特筆は2枚の海苔
おそらく巻物に使用している海苔を流用していると思われ、非常に磯の風味を覚え、且つ最後まで溶け出す事なくしっかりとした食感を保っておりました。ラーメンでこれ程の海苔をいただいた事はございません。
それに引き換え○ーショったら(笑)

通し営業と言う事もポイントが高いコチラのお店。
近所だったら間違いなく定期訪問になっていたと思います。
いただかなかった「姐さん」に申しわけない(笑)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1608-b96d6965
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。