-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-19 18:30 | カテゴリ:●東毛(館林・太田・桐生)
一杯入魂ラーメン よいち

昔ながらのニボシ中華 650円 餃子 315円

【アマウマ炸裂】

ヨイチ1
店舗情報
住所:群馬県太田市新井町550-27
定休日:火曜日
営業時間:月~金⇒11:00~15:00 17:00~24:00 土祝日⇒11:00~24:00

「塩」がウリのお店ですが個人的趣味とは異なるため前回のカレーに引き続き今回は「ニボシ」にチャレンジです。
ヨイチ2
【以下メニューより】
最強の塩「よいちラーメン」から丸7年。
店主が次に挑んだのは「にぼし醤油ラーメン」!!
ただ旨いラーメンを食べてもらいたいというオタク的な想いから、
スープと麺の相性にトコトンこだわりました。
ニボシのパンチ力とよいち特製手打ち麺をご堪能あれ!!


ハードルが上がりそうなわけだが(笑)

自信の一杯はコチラです
ヨイチ3
昔ながらのニボシ中華 650円
チャーシュー、メンマ、ナルト、半玉、青菜、ノリ、薬味ネギからなる彩り豊かな丼です。

スープ&麺
ヨイチ4 ヨイチ5
おぉ! アマウマウマ!
鶏中心の動物系と煮干しや魚粉による直線的な魚介感が追随、そして更に旨味タップリの調味料テイストが強めに主張いたします。醤油ダレは控えめながら塩気は結構強く、スープ単体でいただくとややクドイ程の旨味を感じます。
平打ちの不揃い縮れ麺はコシを残した茹で加減で、鹹水等の効果によりモチグミとした食感を伴います。
スープと一緒にいただくとあら不思議、単体で感じたクドサが麺風味に相殺され驚く程相性が良いではありませんかw


ヨイチ6 ヨイチ7
煮加減の浅いバラストレートチャーシューはしっかりとした歯応え、冷凍輸入肉特有の獣臭を伴うため全部いただく事はかなりキツイです。
メンマはやや甘めの味付けで及第点以上の出来映えです。

ヨイチ8 ヨイチ9
薄味の半玉、青菜はそれ自体の主張は少ないながら箸休めアイテムとしては何ら不満はございません。

別皿
ヨイチ10 ヨイチ711
餃子 315円
ご存知の通りコチラは自家製麺ではございませんので(桐生の製麺業者と思われます)餃子も然り。
薄手の皮で餡は野菜中心で肉が底上げ、旨味タップリに仕上げられております。

「昔ながら」のフレーズにはちょいと疑問がわきますが、低価格で抑えられておりアマウマ好きの貴兄にはよろしいのではないでしょうか。
個人的には、お昼にお邪魔するとライスがお替わり自由となるようですので、カレー+ライスをオヌヌメしておきます。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1622-256980a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。