-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-23 12:30 | カテゴリ:●東毛(館林・太田・桐生)
菊屋食堂

醤油らーめん(手打ち麺)550円

【カフェ風田舎食堂】

菊屋2 菊屋1
店舗情報
住所:群馬県邑楽郡千代田町赤岩2279-1
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00(ラストオーダー21:30)

建物と看板にギャップを感じるコチラのお店(笑)
その印象は店内に入っても続くのであります。
菊屋3 菊屋4
オシャレな入口にメニューボード

店内左手にカウンター 真正面にはバーカウンター 右手に小上がりが備わり多種多様な客層に対応ですw
菊屋8
バーカウンター奥

メニュー
菊屋5 菊屋6
自家製麺は「手打ち」と「ストレート」に2種類、オーダー時に指定できます。

菊屋7
この他になんとパスタまで取り揃えております。
元々地域に根ざした食堂にオサレ感覚を持ち込んだと言う事でしょうか。
効果は未知数(爆)
メニュー構成等からコチラとの共通項が見受けられます。
ピッコロと足して2で割ったと思えば妥当でしょうかw

オーダーは基本の表記です。
菊屋9 菊屋14
醤油らーめん(手打ち麺)550円
やはりシャレオツ路線になっております。
チャーシュー、あおさ、メンマ、水菜が褐色のスープに乗って登場です。

スープ&麺
菊屋10 菊屋11
鶏ガラ中心の動物系は淡く、魚介の風味にあおさの香りが加わり非常にあっさりとした口当たりです。
やや醤油ダレが主張しますが塩気は程よく抑えられており、ジンワリしつつも海の香りw
多加水の手打ちちぢれ麺はチュルチュルとした食感で粉の風味は控えめ、喉越しを楽しむ麺でございます。
ペペロンチーノ風らーめんにはどんな麺が使われるのでしょうか?


菊屋12 菊屋13
トロホロのバラ巻きチャーシューは薄めの為、箸で摘むと崩れる程。
しかしざらついた繊維質からも判る通り冷凍肉、獣臭いが強めなので輸入肉の可能性が高いです。
メンマは特筆ありませんが、箸休めには及第点です。

あおさ、水菜がやや丼の中で浮いてしまっている印象が残りました。
若店主様の試行錯誤は基本のメニューよりも「鶏白湯」や「豆乳」などで花開くのかもしれません。
ちょっと全体のバランスが崩れているのは親子間のジェネレーションギャップなのでしょうか?

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1629-21e79164
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。