-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-27 08:10 | カテゴリ:●栃木県
ラーメン春香

【食堂】

ラーメン 500円

春雲1
店舗情報
住所:栃木県足利市借宿町302-6
定休日:不明
営業時間:不明

前から気になっていたんです。スチー○バスに行く道すがら。(ウソ)
スナックと共通の駐車場、かなり朽ち果てており場末感が漂います。
何せ足利の雄ですらレポしておりませんから。

恐る恐る店内へ。
春雲3
先客は中年のご夫婦はお酒を嗜んでおります。
単独訪問のためカウンターに座り表記をオーダーすると店主様が。。。
「どうぞ テーブル席の方が落ち着きますよ」と。
コックコートを纏った初老の店主 優しさが滲み出たような笑顔が印象的。
それにしても床に転がる大量の殺○剤に萎えるわけだが。

メニュー&卓上
春雲2 春雲4
メニューは意外にも豊富。
この他ランチメニューとして
カレーセット 800円
もつ煮セット 800円
チャーハンセット 750円
コロッケ丼セット 750円
が掲示されていた。
コロッケ丼って何?
ニンニクチップの存在に驚きます。

ほどなくして到着したのがコチラ
春雲5 春雲6
ラーメン 500円

ビジュアル
チャーシュー、メンマ、いんげん、のり、薬味ネギにBPトッピング

スープ&麺
春香7 春香8
油玉が輝く黒褐色のスープは鶏ガラ由来の動物系出汁、そして野菜と調味料による旨味が底上げするもややコクは不足気味。BPがスパイシーに作用し素スープの弱さを補完します。
チュルチュルとした食感の中細中華麺はカンスイと熟成によるコシが感じられるも、残念ながら特筆は感じられない。
それも手打ちで育ってしまった故ですが。


春香9 春香10
大判の肩ロースチャーシューは薄めの調味加減、冷凍輸入原料特有の獣臭が支配的で申し訳ないが完食はできない。
メンマもやや匂いを感じ、店内の雰囲気から鑑みるとあまり積極的に箸を進める気にはならない。

春香11 春香12
いんげんは生を使用しており好感が持てるがヤハリ若干オイニーが。。。
そうだ こんな時の為の ニンニクチップではないか!

期待して訪問したわけではありませんが、コチラはラーメンよりも「おつまみ」と「お酒」を楽しむ事をオヌヌメしておく事にいたします。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★(3/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1679-896e2561
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。