-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-31 07:04 | カテゴリ:●東毛(館林・太田・桐生)
手打ちラーメン創房 舌笑家

醤油ラーメン 600円

【モダン手打】

ごちや1 ごちや13
店舗情報
住所:群馬県館林市花山町2299-2
定休日:火曜日
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00

お隣のお店と対極の雰囲気(笑)
ごちや2 ごちや4
何故か落ち着かないわけだが。

メニュー
ごちや5 ごちや6

卓上
ごちや3

「和風つけめん」と悩みましたが本日もデフォ
ごちや7 ごちや8
醤油ラーメン 600円
収納に困りそうな丼で到着(爆)
チャーシュー、メンマ、貝割れ、薬味ネギ、白髪ネギ、焦がしネギからなる端正な一杯。
ネギダクとも言います。

スープ&麺
ごちや9 ごちや10
前衛的なビジュアルとは裏腹に、親の血を引くオーセンティックな鶏、豚が穏やかに主張するスープでございます。焦がしネギの香ばしさが加わりひと味違った雰囲気になりますがあくまでも飛び道具の範疇。
二段熟成と謳われる麺は歯ざわりはソフトながら噛みしめるにつれてしっかりとした反力を伴い、粉の風味も兼ね備えたうだんライクな逸品。
スープの中にあってこれだけ主張するのですから、つけめんでいただいたらさぞかし美味い事でしょう。


ごちや11 ごちや12
半面に炙りが入った大きめのバラ巻きチャーシューはやや薄手、肉質は及第点ですがトロホロまで煮込まれており素材のネガは感じません。
穂先メンマは素材感を残したタイプで好印象。白髪ネギはシャキシャキ感がフォーカスされそれ自体の味は主張いたしません。

建物、内装、ビジュアル、スタッフまでがオサレな雰囲気を醸し出すものの、当地域の伝統を守った古典的なスープと秀逸な手打ち麺が存在感を発揮するネオクラシカルな一杯でございました。
オサーン一人は入りづらいと思うわけだがw

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1685-8492772a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。