-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-24 09:02 | カテゴリ:●東毛(館林・太田・桐生)
ラーメン厨房 ぽれぽれ店舗ブログ

手打ちしょうゆ 600円

【うどんライク】

ぽれぽれ1
店舗情報
住所:群馬県館林市緑町1-32-8
定休日:月曜日
営業時間:11:30~14:00 17:30~20:00(日祝は17:00より)

店舗がコチラだった頃はよくお邪魔していた「ぽれぽれ」さん。
当時は館林唯一の豚骨系だったと記憶しております。(参考記事
いつのまにやら「手打ち」がメインになり、当時の看板商品だった「ぽれぽれ」は「熟成」と品名を変えて提供されております。
オーダーはもちろん「ソレ」でしたが、スープ切れとの事で表記のオーダーとなりました。

メニュー&卓上
ぽれぽれ2 ぽれぽれ4
麺に使用される小麦はきぬの波だそうですよ。

到着したのはコチラ
ぽれぽれ5 ぽれぽれ6
手打ちしょうゆ 600円
チャーシュ−2枚、マンメ、海苔、薬味ネギ、千切り生姜が褐色のスープに乗って登場です。

スープ&麺
ぽれぽれ7 ぽれぽれ8
鶏ガラと豚の風味が穏やかに作用し、香味野菜や調味料が旨味を形成、やや甘味を伴う醤油ダレが絡み合い全体像を作り上げる東毛らしいスープでございます。
やや旨味過多の印象は拭えませんが、この地域の特色と言ってしまえば問題なし(笑)
「きぬの波」が使用された麺はややソフトな食感ながら不揃いである事、そしてウネリがスープを十分にリフトしつつも、それ自体の粉感が主張する「うどんライク」な一品。麺固めでいただいてみたいです。


ぽれぽれ9 ぽれぽれ10
バラ巻のチャーシューはトロホロでやや薄目の設定、調味加減はやや強く口の中で脂身がトロけます。
肉質は申し分なく、東毛手打ちのチャーシューらしい出来映えです。
メンマはやや細めでシャクシャクとした歯応えで、これまた申し分はありません。

ぽれぽれ11
生姜は撹拌させていただきましたので、数口に一回その存在感を示します、これはおもしろい。
生姜ラーメンとまでは行きませんが、適度の主張が乙でございます。

何一つ尖りはありませんが、だからこそ毎日でもいただける東毛手打ち。
スープの淡さを補って余りある出来の良い麺は実食の価値ありですよ。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1717-1081babd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。