-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-08 20:50 | カテゴリ:●東毛(館林・太田・桐生)
せとや

チャーシューメン 780円 かきあげ 150円

【ラーメン比率高し】

せとや1 せとや2
店舗情報
住所:群馬県邑楽郡大泉町仙石2-17-5
定休日:不明
営業時間:11:30〜14:00 夜は不明

平日はサラリーマンで溢れる店内ですが、本日は土曜日、13時過ぎでも家族連れのお客様でカウンター以外は満席の盛況ぶりでした。

メニュー
せとや3 せとや4
お蕎麦屋さんのチャーシューにハズレなしとの経験則より表記をオーダー。

卓上
せとや5
小さく書かれた「かきあげ」に反応したのは言うまでもありません。

混雑の割に早めの到着となった一杯はコチラ
せとや6 せとや7
チャーシューメン 780円
チャーシュー4枚、メンマ、薬味ネギのみのシンプルな構成、チャーシューが美味そうです。

同時到着たのがコイツ
せとや8 せとや9
かきあげ 150円

と言う事で記念撮影
せとや10

スープ&麺
せとや11 せとや12
表層のアブラ玉から動物系のコクを感じ取れますよ、やや旨味過多なので美味い ウマスグル。
ほんのりとした生姜の風味を伴うノスタ系のスープです。
店舗正面右手の麺打部屋から運ばれて来た手打麺は、茹で加減ヤワ目。
噛まなくても食える程の塩梅は客層を考えての事でしょうか、当地域の老舗にはヤワな麺が結構ございます。


せとや13 せとや14
きれいに磨きの入ったチャーシューはしっとりとしておりパサつき皆無で非常に美味。
経験則を実感いたします(笑)
メンマもきちんと手作りされております。

当然の成り行き
せとや15 せとや16
薄目で大きく揚げられた「かきあげ」は最初は麺汁でいただいておりましたが、「乗せ魂」を抑え込む事ができませんでした。
丼に麺汁を注ぎ、七味を加えれば「和」が加速度的に上昇、節系中心のスープに大変身です。
メニューにライスがありませんでしたが、コレは是非ともゴハンと一緒にいただきたいです。
やり放題ではありませんか(爆)

オーダーの大半がラーメンと言う「プチ平野屋」状態が納得で来ます。
かきあげは必須オーダーでございますよ。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1737-f6c2077d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。