-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-01-13 08:33 | カテゴリ:壬生町/かんちゃん
かんちゃん

ルースーメン750円 タンメン650円 半ライス150円 餃子350円

【家族でブタクサ】

かんちゃん1 かんちゃん2
店舗情報
住所:栃木県下都賀郡壬生町いずみ町9-11
定休日:月曜日
営業時間:11:30~20:00(未確認)

世間ではお正月気分が抜けた頃なんでしょうが、アタシはそもそもお正月気分にならなかったわけだが。
そんなアタシの家族サービス お昼は約1年ぶりの訪問となるコチラの店。
駐車場に降り立つと空気全体からそこはかとなく香る豚骨臭、そんな大衆中華があってもいいぢゃないか。
いいぢゃないか!

卓上&秘密の扉
かんちゃん3 かんちゃん4
ほぼ満席の店内、厨房真横の座敷が1卓空いておりましたので遠慮なく滑り込みます。
厨房と座敷を繋ぐ秘密の扉 本日は使用されるかな?
店内は駐車場以上の豚骨臭が充満しており、そんな大衆中華があってもいいぢゃないか。
いいぢゃないか!

「ここからでいい?」との言葉の後、開かれた秘密の扉。
まずは奥様がオーダーしたコチラが到着
かんちゃん5
タンメン 650円
一般的なタンメンとは明らかに異なるスープ表層にやや興奮気味になります。
野菜の旨みが加わったスープは非常に食べやすいながらも、根っこに存在する豚を感じ取ることが出来ます。
コチラの鶏タンメンも個性的だけど、これもなかなか強敵です。

続いてあたくしの一杯が到着
かんちゃん6 名称未設定 21のコピー
ルースーメン 750円
ルースー丼と共通かと思われる具材は白菜、豚肉、タケノコ、ピーマンがオイスターソースで味付けされ餡がらみになっております、漢字にすると「肉絲麺」だから定番と言う事なんでしょう。
それよりも、具のかかっていないスープを見ますと変な浮遊物が確認できニヤリとなるのです。

スープ&具
名称未設定 23のコピー 名称未設定 24のコピー
「臭い耐性」が強い為、あまり臭いとは思いませんが、豚の風味満載なのは間違いなし。
これで臭かったらココは屠場になってしまうわけだが(爆)
やや甘めの具材はタップリとかけられておりウマウマ、スープとは混ぜず、セパレートで食い続ける事をオヌヌメしておきます。

別皿①
名称未設定 25のコピー 名称未設定 26のコピー
半ライス 150円
当然の成り行きですよ。お皿で来たのはビックリしたけど。

途中経過
名称未設定 27のコピー 名称未設定 28のコピー
右半分の具がなくなったのがお判りいただけますでしょうか?
ここでやっと麺の登場になるのです。


名称未設定 29のコピー
いただくまでに時間を要したにもかかわらず、クタリのない中太麺は家系や山岡さんにも通じる食感。
クサウマスープとの相性は抜群でございますよ。

別皿②
名称未設定 30のコピー 名称未設定 31のコピー
餃子 350円
でかいよ ギョーザ でかいよ
皮がやや薄めなのでモチモチ感は控えめですが、タップリの餡は荒微塵の野菜と肉が塩梅良く配合され、何もつけずにいただける旨みを完備。

スープと具を混ぜなかった事が功を奏して、最後まで具材と豚の風味を味わう事ができました、幸いにも家族そろって「臭い耐性」が高かったらしく、大満足の訪問となったのであります。
念の為申し上げますが、この臭いがお嫌いな方は無理かもしれません。
あたくしはもっと 臭いを! となりましたけど(笑)
そんな方には間違いなくココがオヌヌメでございます。

いいぢゃないか!

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(1)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1784-de714d2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。