-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-02-28 21:45 | カテゴリ:足利市/ラーメンショップ 足利50号店
ラーメンショップ 足利50号店

ラーメン 590円 和えネギ 240円 半ライス 120円

【ショッパクドウマ】

ラーショ足利50号1 ラーショ足利50号2
店舗情報
住所:栃木県足利市久保田町154-1
定休日:日曜日・祝日
営業時間:6:00~20:00

某愛する会の会長が発見したコチラのお店。
さすがは会長、たいして好きでもないのにお疲れさまでございますw

さてはてコチラ「足利50号店」はなんと「尾島」で研修をしたそうな。
コチラコチラのように出身店をトレースしたお味なんでしょうか?

券売機&開店祝
ラーショ足利50号3 ラーショ足利50号4
「塩」は研究中らしいですが、ドチラで研究されているのか気になるところです。
そしてまた、早速「花束」が贈呈されておりますが、「愛する会」の会長はご存知ないそうです。
おそらくは「足利のヘタレ」が抜け駆けしたと思われます、だって半玉乗ってるしwww

卓上
ラーショ足利50号5
調味料の奥に「タイガー」の保温ジャーが確認でき、そのそばには「パロマ」のガス炊飯釜が鎮座しております。
うまい ごはん うまい
完璧なタッグではございませんかw

豪華な朝食ははコチラ
ラーショ足利50号6
ラーメン 590円 和えネギ 240円 半ライス 120円
開店と同時に訪問しましたが、「こってり」は8時以降でないとできないらしいです。

ラーメン
ラーショ足利50号7 ラーショ足利50号8
チャーシュー、穂先メンマ、ワカメ、海苔、薬味ネギからなる北関東ラーショな出で立ちで登場。

スープ
ラーショ足利50号9 ラーショ足利50号10
幕張が確認できるスープはノーマル仕様のため「背脂」はありません。
ライトな白濁豚骨に調味料強めのカエシダレが加わるショッパウマウマで提供されました。
味濃いめ なんぢゃね? と思える程にカエシダレが主張しておりますよ。
こりゃ ライスがマストでございますねw


ラーショ足利50号11
ミツワフード謹製 北関東ラーショ共通のボソモチ麺、コメントができない程に食い慣れております。


ラーショ足利50号12 ラーショ足利50号13
厚手のバラ巻チャーシューは肉感を残した煮加減で「尾島」同様にウマウマ。
穂先メンマも強めに調味されており、ごはんのオカズにしたくなるほどです。

別皿
ラーショ足利50号14
和えネギ 240円
トングで3掴みほどあると思われるその物量は「尾島」同様。
濃いめの濃いめとも言える味付けは、ごはんを食べずにはいられない程。
もう我慢の限界を超えておりますよ(笑)

別丼
ラーショ足利50号15 ラーショ足利50号16
半ライス 120円
炊きたてすぎてガス釜から直接配膳された半ライス。
蒸らしが済んでいない為ヤワメ食感のごはんは火傷する程にアツアツで、これはこれでうれしいw
あと30分経過した頃が食べ頃かと思われます。
そんなの関係ねぇ とばかりにネギ丼にして楽しみましたよ ウマイ!

ラーショ足利50号17
ラーショとは思えない程にオサレな手洗い、この風景を今後、何回見る事になるのでしょうかw

ラーショ足利50号18
帰り際には暖簾が出されておりましたw

「尾島」の良い面を引き継ぎながらも、コチラのオリジナルも存在する折り目正しきラーショの誕生でございます。
特に、和えネギに関しては他のラーショを引き離す物量であり、ゴハンが必須であると断言しちゃいましょうw
次回はネギミソコッテリで!

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(1) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1835-fff314b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。