-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-12 07:11 | カテゴリ:●西毛(高崎・安中・富岡)
地鶏ラーメン 自給屋公式HP

醤油ラーメン680円 半チャーハン250円 餃子350円

【理念】

自給屋1 自給屋2
店舗情報
住所:群馬県高崎市吉井町塩61-3
定休日:月曜夜、火曜日
営業時間:11:30~14:00(土日祝15:00)17:30~20:00

開店当初にお邪魔して以来でございます。
確か、当時は原動機付き自転車にてお邪魔した記憶がございます。
店舗脇のから奥の駐車場に降り立つと目に飛び込んでくるのは。。。
自給屋3
高崎市だよ!

メニュー&券売機
自給屋4 自給屋5
店舗入り口には券売機が置かれ、隣にメニュー写真が飾られております。
同行した愚息のリクエストは醤油でございます。

卓上
自給屋6
カウンターと座敷席での運営ですので、座敷を使わせていただきました。

久しぶりの一杯はコチラ
自給屋7 自給屋8
醤油ラーメン680円
チャーシュー2枚、メンマ、モヤシ、海苔、薬味ネギが褐色のスープに乗って登場です。
メニュー写真ではさやいんげん乗っておりますが、コチラのお店の方向性として冷凍野菜を使うとは思えません。旬ではない為、モヤシになっていると理解いたしました。さみしいけどw

スープ&麺
自給屋9 自給屋10
熟成合わせスープと謳われる独特の製法のスープは。。。
淡い 淡すぎる。
調味料なしにこだわる事を否定する気は全くないけど 美味いが一番かと。
「塩」もかなり淡いですが、じっくり味わうとじわじわと鶏の旨みを感じる事ができたと記憶しております。
しかし、醤油はその感覚がカエシダレによってマスクされ、味わうぞ! と気合を入れないと飲酒後にいただきたくなる類の一杯になっちゃいます。
麺は熟成の進んだチュルチュルとしたのどごしのストレート麺で、粉の風味を味わう類ではございません。


自給屋11 自給屋12
流石に原料にこだわるお店とあって、チャーシューの肉質は秀逸、味付けも非常に美味。
メンマも抜群の素材感を伴っておりました。

別皿①
自給屋13 自給屋14
半チャーハン250円
「半」とはなっておりますが、実際は「半半」ほどでしょうか?
思い切り食ったら3口くらいで終わりそうなわけだがw
極々薄味、素材の旨みと言えば聞こえは良いけど、美味いが一番。

別皿②
自給屋15 自給屋16
餃子350円
国産小麦使用、調味料不使用 と掲示されておりました。
やや大振りなのでCPは悪くないでしょう。
皮のモチモチ感は控えめで、餡は旨みが控えめで醤油やラー油を使わないと厳しい展開かと。

過ぎたるは及ばざるがごとし

お店の「理念」を否定する気はまったくありません。
二郎やラーショを食い慣れているジャンキーといたしましては、何も言えねぇ って事かなw

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1849-fdafb950
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。