-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-04-27 16:47 | カテゴリ:●東毛(館林・太田・桐生)
富久屋食堂 

ワンタンメン 580円

【食堂の一杯と侮るなかれ】

富久屋食堂1 富久屋食堂2
店舗情報
住所:群馬県館林市大街道3-16-48
定休日:不明
営業時間:11:00~15:00 17:00~20:00

気をつけて探さないと通り過ぎてしまう程の小さな食堂であるコチラのお店にお邪魔してみました。
何年振りなのかわかりません(笑)おそらくは7~8年ぶりかと思います。
店内は昭和の食堂然とした雰囲気で、お客様の層も昭和の青年そろい踏みですよ(笑)
富久屋食堂5 富久屋食堂6

メニュー&卓上
富久屋食堂3 富久屋食堂4
メニューが真新しかったので価格改定をされたのでしょうか コレデモ。

常連様の楽しそうな世間話が聞こえる中、暫し待って到着したのはコチラ
富久屋食堂7 富久屋食堂8
ワンタンメン 580円
ワンタン、チャーシュー、メンマ、ナルト、ワカメ、薬味ネギが褐色のスープに乗ります。
若干 とっちらかってるのは ご愛嬌って事で。

スープ&麺
富久屋食堂9 富久屋食堂10
鶏と豚の動物系がジンワリと主張し、香味野菜や調味料の旨味が締めくくる館林らしいウマウマスープ。
系統的には「やまや食堂」に近いように感じましたが、あくまで個人的感想と言う事でオネガイシマス。
不揃いのストレート手打麺はしっかりとコシを残した茹で加減で、粉の風味を完備、単なる食堂の一杯とは全く思えない高品位な麺でございます。

ワンタン
富久屋食堂13
しっかりと餡が確認できるワンタンは8ヶも奢られており、デフォの50円増しとは思えないボリューム。
皮の小麦の香りが非常に心地よいですよ、こりゃうんまい。


富久屋食堂11 富久屋食堂12
メンマはほんのり甘く調味されており歯応えを残し、ナルトはワンタンの下に1枚隠れておりましたので2枚完備。
豚バラチャーシューは出涸らしながら、肉質は及第点以上で全く不満を感じません。

富久屋食堂14
昔から地元の方々に受け入れられて来たこの味、今でも十二分に通用しますよ ハイ。
素晴らしい 館林の食堂 素晴らしい
非常にレベルの高いお店が多い館林らしい食堂でございます、半チャラーメンもあるよw

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1912-26163ace
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。