-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-05-08 07:07 | カテゴリ:●東毛(館林・太田・桐生)
仙人

半チャーハンセット 800円

【館林流大衆中華】

仙人1 仙人2
店舗情報
住所:群馬県館林市成島町617-2
定休日:水曜日
営業時間:11:00~14:00 15:00~21:00

旧354号沿いに位置するコチラのお店。
外観上は目立ったアピールもない『昭和の食堂』といった出で立ちながら、お昼時は駐車場がイッパイなんです。
本日は万全を期してお昼前にお邪魔してみました。

メニュー&卓上
仙人3 仙人4
スゴイメニュー数でございます。

店内
仙人5 仙人6
早めに訪問したものの、入口右手のテーブル、カウンターは満席、左手のテーブル席も埋まっており、奥座敷が空くのみという状況でした。
厨房右手奥が麺打部屋になっており竹が何本もかけられております。(右の写真で確認いただけると思います)
店内外含め『手打』の文字は見つかりませんので『知る人ぞ知る』と言う事なんでしょう。

表記をオーダーしオペを拝見、お昼に近くなるにつれお客様が続々と押し寄せ、完全満席状態。
家族連れ、サラリーマンの団体、地元のおばちゃん軍団、そしてラヲタはアタシだけ
注文も様々、「五目うま煮」「味噌ラーメン」「餃子」「カツ丼」…これをお一人で調理とは頭が下がります。
5人前の麺を茹でながら、餃子を焼き、五目うま煮の具とチャーハン、2つの鍋を振ります。
こりゃ凄い スゴイ手際でございます 獅子奮迅とはまさに。

目が釘付けのさなか、到着したのはコチラ
半チャーハンセット 800円
仙人7 仙人8
まずは単品530円のラーメン
チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、薬味ネギが褐色のスープに乗って到着です。

スープ&麺
仙人9 仙人10
両毛地域に良く見られるタイプではなく、鶏ガラに香味野菜、生姜と胡椒が香るクラシカルな定番的な中華スープ
不揃いの手打麺は熟成の妙でしっかりとしたコシを残し、かんすいの存在が確実に判るセッティング。
粉っぽさはございませんが、スープとの相性は言わずもがなです。


仙人11 仙人12
バラ巻タイプのチャーシューは肉感を残した煮加減、肉質、調味加減ともに文句なし。
メンマ、ナルトに特筆はございません。

若干遅れて到着したのはコチラ
仙人14 仙人13
半チャーハン
この焦げ加減がたまりません。
チャーシュー、玉子、ナルト、ネギ、玉ねぎと至ってシンプルな構成です。

仙人15
絶妙なパラ感、気持ち強めの調味加減がいかにも大衆中華っぽさを演出、美味い!

この価格でこのクオリティならば、混むのもわかります。
多様なメニューを食べつくすには、常連になるしかないようですね(笑)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1930-5f76a3c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。