-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-05-16 06:18 | カテゴリ:●西毛(高崎・安中・富岡)
みやご食堂

中華そば 600円 カツ丼 700円

【藤岡深い】

みやご1 みやご2
店舗情報
住所:群馬県藤岡市藤岡230
定休日:不定休
営業時間:11:00~15:00

この日は愚息とドライブでございます。
館林並の深さを誇る藤岡市の食堂巡りと行きたいところですが、「ラーメンとカツ丼が食べたい」と言うなかなか厳しい命題に応える為にココにお邪魔するも、やや遅めの時間の為、閉店(もしくは臨休)となっていたので、迷った時の老舗の名店にお邪魔してみました。
珍しく先客が少なかったので小上がりゲットでございます。

卓上&店内
みやご3 みやご4
数々の有名人の色紙が飾られる中『ラーメン王』の色紙もございました。イラネ(爆)

メニュー
みやご5 みやご6
麺類の他にカレーや丼ものを揃えており、愚息ニッコリ
普段から粗食に耐えているおかげなわけだが(木亥火暴)

希望通りの表記をオーダーして待つ事暫し
みやご7 みやご8
中華そば 600円
人面乙。
チャーシュー、メンマ、ナルト2枚、青菜、海苔、薬味ネギが褐色のスープに乗って到着です。
4月から価格が改定されたようですが、それでも十分にお値打ちでしょう。

スープ&麺
みやご9 みやご10
動物系の主張は非常に穏やかで、神経を集中させないと判らない程ながら醤油ダレと相乗し十分なコクを伴い、煮干等の乾物魚介が主張する、らしさ満点のスープでございます。過ぎる事のない『和』を感じますよ。
そして不揃いの手打麺は主役の存在感と言って良いでしょう、粉をギュギュッと詰め込んだような低加水麺は強靭なコシと小麦の風味を伴い、二郎インスパに入れても十分に主張する事間違いないどころか、遥かにコッチの方が素材感のある麺でございます。おまけに麺量もタップリです。


みやご11 みやご12
脂身のないチャーシューはミシっとした食感でスープと共にいただくと事をオヌヌメいたします。
メンマ、ナルト他どれも全く不満のない出来映えでございます。

味変え
みやご13
全く悩まずに「一味」を投入、穏やかな煮干スープとの相性は抜群です。
愚息に怒られたけど(爆)

もう一つのお品はコチラ
みやご14 みやご15
カツ丼 700円
取調室以来です(嘘)
みやご16 みやご17
ミディアムな箇所を残した玉子と甘辛いタレ、そして厚手のロースかつ。
美味くないわけがないでしょうにw
やや衣が厚めですので、かつ丼仕様なのかもしれませんね。

機会を作ってでも食堂巡りがしたい藤岡市、東毛とは異質のスープ、麺がいただける渋い食堂の宝庫でございます。その代表格がコチラのお店であるとご理解いただければ判りやすいかな。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(1)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/1938-3f89b12d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。