-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-03 09:55 | カテゴリ:桐生市/らーめん芝浜
らーめん 芝浜店舗HP)(店舗ツイッター)(店舗FB

お醤油らーめん 702円

【名店の予感】

芝浜12 芝浜13
店舗情報
住所:群馬県桐生市相生町1丁目303-1 (群東ビル)
定休日:年内は無休
営業時間:7:00~14:30 16:00~20:00 スープなくなり次第終了

驚きの一杯目を食べ終える前に『お醤油』をオーダー。
すると 店主様が10時以降のレギュラーメニューを見せて下さいました。
芝浜14
食材の詳細まで書かれており、ラヲタ大興奮といったトコロでしょうか。
ちなみに アタシは どうでもイィ(爆) 

ハードルアゲアゲの一杯はコチラ
芝浜15 芝浜16
お醤油らーめん 702円
うまい 間違いなく うまい
チャーシュー2種、メンマ、青ネギが乗って到着です。

スープ&麺
芝浜17 芝浜18
素スープは『塩』と同様ながら第一印象は結構異なりますよ。
動物系の風味がややマスクされますが、乾物魚介の風味はそのままに、カエシダレの香ばしさが後味に責め立ててまります。昆布の旨味も確実に感じられ秀逸な『和風醤油清湯』スープでございます。
最近のトレンドである『生醤油』を使用しているものの、それ頼みにはなっておらず、主張は程々に抑えられており主役はあくまで素スープと言った印象です。
うまい 醤油も うまい
麺の印象は『塩』の時と一緒ですが、パツパツ感だけでなく醤油の旨味を塩梅良く吸い込み、スープとの相性が素晴らしい。
麺ヤワメでもいただきたくなる程でございます。


芝浜19 芝浜20
素晴らしい肉質のバラチャーシュー
低温で調理された肩ロース肉、エロロゼを保持した色目よろしく、これまた最高の食感でたまらなく美味い。
もちろん、スープに沈めて淫媚な色目にしてからでも、この肉質であれば当然ウマイのであります。

芝浜21 芝浜22
極太メンマの印象も『塩』同様に美味い。
青ネギはやや固めなため、苦手な方は少なめにされてもよいかも。

2杯連続でこんな感じ
芝浜23

東毛に久方ぶりに『名店の予感』のするお店の誕生でございます。
このほかに『まぜそば』『つけ麺』もあり、しかも各々専用の麺を自家製しているとな。
おかげで『餃子』の作成はいまのところできないそうであります。
素材感満載の手作りらーめん、皆さん ハードルを目一杯上げて訪問してみましょうw
決して 裏切られる事は ないと思いますので(笑)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2017-ea5d6a1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。