-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-08 20:09 | カテゴリ:太田市/千茶屋
千茶屋

追いガツオ『極み』醤油らーめん 850円(限定10食)

【8月の月替りらーめん】

千茶屋1 千茶屋2
店舗情報
住所:群馬県太田市大島町127-1
定休日:月曜日
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00(日曜21:00)

桐生の清湯の新店が大フィーバー中でございますが、我が地元太田にも清湯の新店はあるんです。
初回訪問時は『太田まつり』により局地的な混雑でしたので、ゆっくりといただきたく早めの時間に訪問してみました。
訪問前は『醤油』をいただくつもりでしたが、店舗前の『イーゼル』を拝見して表記をポチリ。デフォの前に限定を食ってしまう小市民なわけだが(爆)
先客1名様でございます。

卓上
千茶屋3 千茶屋4
本日こそは『山椒』を使ってみましょう。

あたくしの丼の為だけに鰹節をとりだし調理した一杯はコチラ
千茶屋5 千茶屋6
追いガツオ『極み』醤油らーめん 850円(限定10食)
なっから オサレ。
チャーシュー、マンメ、茎ワカメ、水菜、かいわれ、白髪ネギ、柚子が乗って到着です。

スープ&麺
千茶屋7 千茶屋8
褐色のスープは初動ではじんわりと動物系が香り、節系が追随、特に鰹の風味がお口イッパイに広がります。
思いっきり『和』な雰囲気、これは個人的には好きな類いですが、やや強めの醤油ダレによりジャカーン塩分濃度が強いのでグビグビは控えました。
加水やや低めの中細ストレート麺はツルパツな食感、粉っぽさとカンスイを同時に感じる事ができます。
前回いただいた『塩』よりもコチラのスープとの方が相性が良いように思えましたが、あくまで個人的見解でございます。


千茶屋9 千茶屋10
バラストレートのチャーシューはやや小振りではありますが肉質良好、やや醤油感強めの味付けもイィです。
細切りのメンマは歯応え、味付け共に良好、茎ワカメはちょっと苦手(スマソ)

千茶屋11
水菜⇒苦手 かいわれ⇒苦手 白髪ネギ⇒大歓迎 柚子⇒どちらでも

味変え
千茶屋12
山椒を少々かけてみますと、スープ全体をマスクする事なく香ばしく変身。
最後の最後に利用するのはおおいにアリでしょう。

個人的には、茎ワカメ、水菜、はなくしてもう少しシンプルにした方が見た目的にも美しくなるのかと思いますが、丁寧に作り込まれた一杯である事は間違いございません、こうなると『清湯のつけ麺』もいただきたくなってしまいます。と言う事でつづく(笑)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2024-5640a8c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。