-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-09-04 08:45 | カテゴリ:●東毛(館林・太田・桐生)
めん家 銀六

醤油らーめん 650円 餃子 300円

【宴翌日】

銀六1 銀六2
店舗情報
住所:群馬県菅塩町350-2
定休日:火曜日
営業時間:平日 11:30~15:00  土・日・祝日 11:30~15:00  17:30~20:00

昨晩の宴 一次会で既に記憶をなくし 二次会で落ちました。
多分21時にはつぶれていたと思いますw よって宴翌朝なのに睡眠バッチリ(爆)
同じく早々に落ちた方は朝から『芝浜』さんへ向かったようです。 元気ですね。
そしてココで姐さん合流。
純和風建築の店舗はあたくし的には琴線に触れるのです。
銀六4 銀六5
表記をお願いし、座敷で待ちます。

到着したのはコチラ
銀六6 銀六7
醤油ラーメン 650円
チャーシュー2枚、メンマ、海苔、薬味ネギが乗って到着。

スープ&麺
銀六8 銀六9
鶏と魚介が穏やかに香り、野菜や調味料の旨みと柑橘系の香りが心地よいスープ。
ややアマウマ感が強めなところが出自を物語っておりますよ。
カンスイの存在を意識させないうどんライクな不揃い手打麺は流石の美味さ、この丼の主役ですよコレ。


銀六10 銀六11
チャーシューが美味いのもこのお店の特徴の一つ、肩ロース肉は噛みしめればジュワーっと肉汁が飛び出す極上の肉質、加えて調味加減も程よく言うまでもなく美味い。
細切りのメンマもうっすら甘く仕上げてあり、素材感を伴う出来映えで文句なし。

別皿
銀六12 銀六13
餃子 300円
ややアッサリ気味に仕上げられた餃子は野菜中心の餡でサクサクとしております。
それ自体がメインになる事はないでしょうが、ラーメンのお供としては全く不満はございません。

銀六14
柑橘系の香りが心地よい、うどんライクな不揃い手打麺に極上チャーシューの一杯。
この立地でも十分に勝負できるクオリティを備えている事が再確認できる訪問となりました。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2056-4efccc89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。