-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-09-08 22:31 | カテゴリ:太田市/うしおととり
うしおととり店主ブログ

煮干らーめん(限定) 690円

【鶏主導のジンワリ煮干】

うしおととり1 うしおととり2
店舗情報
住所:太田市東本町3-11
定休日:火曜日夜、水曜日
営業時間:11:30~14:00 18:00~21:00(火曜日は昼のみ営業)
*駐車場は店舗前の4台とテナント裏の2台です。ご注意下さい。

醤油清湯を販売開始以降、毎日でも食いたい程にお気に入りなのです。
うしおととり3 うしおととり4
煮干はあまり得意分野ではございませんが、お品書きの『優しく香る』との表現に惹かれてオーダーです。

こんな感じの一杯です
うしおととり5
煮干らーめん 690円
エロロゼ2枚、鶏1枚、穂先メンマ、海苔、大葉が乗って到着。
この時点で 間違いないと 確信

スープ&麺
うしおととり6 うしおととり7
煮干らーめんとは言うものの、鶏の風味が主導し、ジンワリと煮干が香る素材感満載のスープは若干甘めな口当たりが特徴的でございます。
パツパツとしたストレート細麺は粉っぽさだけでなく、スープの乗りも良く、一気に食べてしまいたくなりますよ。


うしおととり8 うしおととり9
シットリとした鶏ムネは火が通らないうちにいただきましょう、最高です。
肩ロースはスープに沈めて若干色目が変化した頃が個人的には神、最高です。

うしおととり10
何の迷いもありませんでしたw

店主様曰く『ニボ感が低いとの感想が多い』との事でしたが、鶏の風味をしっかりと残しながらも、確実に煮干が感じられる弥七@館林の『秋刀魚煮干』同様に非常にバランサーなウンマイ一杯でございました。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2064-1b9e8466
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。