-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-11-19 06:51 | カテゴリ:●中毛(前橋・伊勢崎)
千思萬考店舗ツイッター

鶏そば 一番搾り(正油)700円

【ギャップ】

千思萬考1 千思萬考2
店舗情報
住所:群馬県佐波郡玉村町大字福島1075-14
定休日:1、11、21、31日(曜日関わらず)⇒不定休の場合あり
営業時間:11:00~14:00 17:00~21:00
*平成26年11月20日から3日間は比内地鶏のスープを提供します。

店舗外観が非常に個人的琴線に触れるコチラのお店に、やっとのこと初訪問できました。
門をくぐって中に入ると灯篭があり、ちょっとした和庭になっております。
千思萬考3 千思萬考4
『本日のスープ 青森産 六戸 シャモロック』
ラヲタ大騒ぎって事でFA でしょうか(笑)
先日、某店で行列していた際 『千思萬考は青森のシャモロックだから美味いっすよ』 みたいな話が聞こえて参りました。

閑話休題

こじんまりとした店内へは、靴を脱いでから入ります。シークレットブーツ愛用の方はご注意ください。
メニューは『鶏そば』のみ、清湯の『一番搾り』と白湯の『本絞り』、つけめんは『本絞り』のスープが使われているようです。
迷うことなく、一番最初に書かれていた表記をオーダーでございます。

ラヲタ歓喜の一杯はコチラ
千思萬考7 千思萬考8
鶏そば 一番搾り(正油)700円
イィ 面構え イィ
鶏チャーシュー2枚、鶏団子1個、筍2枚、かいわれ、薬味ネギが乗って到着。
もちろん カイワレは マッハ食いしました(笑)

スープ
千思萬考9 千思萬考10
『鶏そば』と言うネーミングから想像する程は主張せず、じわじわと鶏の風味が伝わり鶏油の甘みがアシスト、乾物魚介や生姜の香りが加わります、醤油ダレはまろやかで最近の流行とは一線を画し、なかなかバランサーなスープでございます。
有名な製麺業者製の中細ストレート麺は、加水は中庸、粉っぽさよりもカンスイが主張、このスープとこの麺の組合せは新しくも懐かしい印象で、ネオクラシカルと言いたくなります。
『塩』をいただいていないので何とも言えませんが、『一番搾り』に関しては、インパクトよりもじんわりとした美味さを狙っているのかもしれません。


千思萬考11 千思萬考12
低温で仕上げられた鶏チャーシュー、これはまさに絶品。しっとりとした食感だけに留まらず、肉自体にみずみずしさを感じる事ができました。ブロイラーではない事は確実でしょう。
甘めに調味された筍は固めに仕上げられております。

食べ歩きを続けて来たと言う店主様ですから、一過性よりも息の長いお味を狙っていても不思議ではありません。
次回は是非『塩』をいただき、素スープの主張を楽しみたいと思います。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2160-1926a114
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。