-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-11-20 07:08 | カテゴリ:●西毛(高崎・安中・富岡)
麺工 小烏丸店舗ツイッター

醤油らーめん 750円

【こだわりの一杯】

小烏丸1 小烏丸2
店舗情報
住所:群馬県高崎市石原町3439-10
定休日:木曜日(2014年11月24日までは日曜日・月曜日)
営業時間:11:30~14:30 17:00~19:45(2014年11月25日からは昼のみ)
*11月25日から定休日および営業時間が変更になります、ご注意下さい。

最近何かと話題のコチラのお店に初訪問でございます。
閑静な住宅地に佇む店舗は、民家を改造したと思われ、看板がなければ通り過ぎてしまう程の慎ましさです。

玄関ではなく、中央ドアの入口から入ると券売機が鎮座ましております。
券売機 小烏丸3
左上の法則に従い表記をポチリ、カウンター席に陣取ると目の前には『丹波黒どり』の説明書きが置かれております。
小烏丸4 小烏丸5
その他の具材に関しても詳細な説明書きが置かれております。
ハードルアゲアゲなわけだが。

そんな一杯はコチラ
小烏丸7 小烏丸8
醤油らーめん 750円
チャーシュー2種、メンマ、のり、薬味ネギが油層の確認できるスープに乗って到着。
これは期待できそうです。

スープ&麺
小烏丸9 小烏丸10
特徴的なレンゲで掬い上げると無数の油玉が存在、鶏の風味が素スープと僅かにオイリーな油層からガツンと責め立てると同時に煮干の香りが漂います。少々のエグミは存在しますが、それを消すくらいに動物系が主張し、高い次元でぶつかり合っている印象を受けました。
おそらくは、動物系スープのアブラを取り除く事なく、そのまま加えているかと思われ、オイリーなのにグイグイと引き込まれてしまいます。
だって アタシは 北関東アブ(ry
自家製の中細ストレート麺は粉を凝縮したような口当たりで、強いスープに負けじと自己主張。
このガチンコ勝負は非常におもしろいし、もちろん美味い。


小烏丸11 小烏丸12
肩ロースとバラ巻きのチャーシューは厚手でボリューム満点。
小烏丸13
いずれも肉質良好、臭み等全くなしで肉本来の美味さを実感できます、繊維がややざらついていたので、冷凍のお肉かもしれませんが、全くネガを感じる事はありませんでした。
小烏丸14
極太のメンマも柔らかく、調味も良好で美味し。

迷う事なくこうなりました。
小烏丸15

いやいや、これは大満足ですよ ホント。
淡麗な一杯をお好みの貴兄には向かないかもしれませんが、あたくし的には近所だったら間違いなく通ってしまう事でしょう。
コッテリなのにスッキリしている、秀逸な一杯でした。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2161-00455011
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。