-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-11-24 06:20 | カテゴリ:館林市/秀来軒
秀来軒

メンマラーメン 650円 煮豆腐 150円

【ソウルフード】

秀来軒1 秀来軒2
店舗情報
住所:群馬県館林市大街道1-6-32
営業時間:11:30~14:30
定休日:水曜日

両毛と呼ばれる地域は、小麦の産地である事が影響し、古くから「麺」を食する習慣があり、アタシが幼小の頃、週に一回は「手打ちうどん」や「すいとん」をいただいておりました、もちろん自家製で。
同様に「手打ちラーメン」も非常にポピュラーな食べ物として認知されており、ことさらラーメン好きでなくとも普通にいただいていたのであります。
麺文化の発達した東毛地区の老舗は、ここ数年のラーメンブームに乗らないお店が多く、メディアへ露出する事はほとんどありません。(取材拒否) そういう店が非常に多いのがこの地域の特徴です。

閑話休題

まさしくコチラのお店はその代表格。(ほかにもたくさんあるけど)

昔の名前の頃の記憶は 『全員相席で、おじさん達が酔っぱらっている』 その光景があまりにも強烈で、しばらくは訪問しなかった程。でも、今になって思えば、館林の老舗は、今でもおじさん達が昼から呑んでいるお店が多いですよね。
秀来軒3 秀来軒4
煮豆腐 150円
お店に入り、表記をオーダーしますと、当然のように相席のテーブルに座る前に『煮豆腐』到着、その間10秒。
秀来軒5 秀来軒13
『梅割』を頼むと、これがお通しとして付けられます。昔は梅割りを頼むたびにこれが一つ付いていたように記憶しております。
お味はストレートな醤油味、素朴ながら深いお味、これでみんな呑むのです ジモティは。
結構なボリュームなので、半分はラーメンが来てからいただくことにしております。

ラーメンはコチラ
秀来軒6 秀来軒7
メンマラーメン 650円
通常のラーメン(600円)に50円をプラスしただけなのに、丼まで違います。
大きめなチャーシュー2枚、タップリのメンマ、薬味ネギの極めてシンプルで潔さ満点。

スープ&麺
秀来軒8 秀来軒9
褐色のスープにはほとんど油玉は浮かず、写真に見えるのはチャーシュー由来の油かと思われます。
まろやかな醤油味に乾物魚介、特にカツオが効いた麺ツユライク、動物系は穏やかに下支え的に作用、このスープがラーメン用である事を説得する程度の主張です。
不揃いで縮れを伴う手打麺は、加水高めで非常に滑らかな啜り心地を伴い、「うどん」と「中華麺」の中間的食感。
かなりの麺量なので、男性でも大盛りにする必要はないと思います。 
うまい 手打ち うまい


秀来軒10 秀来軒11
脂身のないチャーシューはミッシミシの食感、噛めば噛むほど系なので「つまみ」にはうってつけ。
メンマは歯ごたえを残し、ほんのり甘く仕上げられており、これまた「つまみ」にはよろしいかとw

味変え
秀来軒12
麺汁ライクですから当然七味との相性は抜群です。
秀来軒14

栄枯盛衰の激しいラーメン業界にあって、東毛地区の老舗のお店は そんな事はどこ吹く風 流行とはまったくかけはなれた 独自路線。 昔から、そしてこれからも変わることなく、地元の方々の胃袋を満たしてくれる事でしょう。

うまい 老舗 うまい

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2167-987e2c1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。