-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-06 18:17 | カテゴリ:太田市/らーめん・つけめん 麺治
らーめん・つけめん 麺治

九州とんこつらーめん 450円

【現状報告】

麺治1 麺治2
店舗情報
住所:群馬県太田市市場町773-1
定休日:不定休
営業時間:11:00~14:30 17:30~20:30
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

前回の訪問から半年以上が経過したため、必ずや何かが変わっているだろうと思料。
こんなワクワク感を覚えるのはコチラのお店くらいですよね(笑)
店舗到着すると平日ながら待ち客発生中、とは言うものの6人目のお客と言う事ですがw
暫し待って入店、給水機がなくなり給水ポットになっておりました⇒変更点①

メニュー
麺治3 麺治4
生姜ラーメンはメニュー落ち⇒変更点②
新たに『九州とんこつらーめん』が存在⇒変更点③
トッピングに『小梅』『紅しょうが』が登場⇒変更点④

新メニューはコチラ
麺治5 麺治6
九州とんこつらーめん 450円
チャーシュー、薬味ネギ、これ以上にシンプルにはできない出で立ちで到着です。

スープ&麺
麺治7 麺治8
乳化はしているものの、サラリとした口当たりのスープは濃度は然程ないながら、プチクサが存在し豚の風味を確実に感じます。若干塩分濃度が高いので、グビグビする事は控えてました。
パツパツとした細ストレート麺はこの手の一杯に使用される麺としては加水が高めで噛み応え優先、咀嚼すると粉とかんすいの風味が同時に伝わって参ります。


麺治9 麺治10
卓上の胡麻をすり卸して添加しますと、豚感はマスクされると同時に胡麻の風味に溢れます。
そのままで スマソ(爆)
バラ巻きチャーシューは肉感を残した煮加減で、450円の一杯に使用されるには十分以上の出来映えでございます。

一番驚いたのはお会計の際これをいただいた事
麺治11
『meiji』が『menji』に見えただけだったわけだが(爆)

既に開店して10年を経過しようとしているコチラ、マイナーチェンジは何回したのか記憶にありませんが、今後とも日進月歩(?)の変化を楽しませて欲しいです。
モンゴル塩がまた食いたいけど(笑)

頑張れ 麺治。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2184-7331b32e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。