-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-11 07:08 | カテゴリ:太田市/千茶屋
千茶屋店舗ブログ)(店舗FB)(店舗ツイッター

あさり塩らーめん 850円 チャーハン 600円

【未食メニュー】

千茶屋1 千茶屋2
店舗情報
住所:群馬県太田市大島町127-1
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00(日祝21:00)
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

本年開店の赤丸店舗に館林の変態紳士を加えたコラボが発表されました。
コラボ
栄えある『スープ担当』に選ばれたコチラのお店にお邪魔してみましたよ。
と、ハードルを無駄に上げてみます(爆)
テンスの胃が痛くなる事を予測しながら、本日も未食メニューをいただいてみましょう。

本日の一杯はコチラ
千茶屋3 千茶屋4
あさり塩らーめん 850円
海苔の絨毯の上にあさり、白髪ネギ、あさつき、糸唐辛子が乗り、その他はメンマが加えられております。
まさかの 肉無し なわけだが。

スープ&麺
千茶屋5 千茶屋6
素スープを鍋に入れ「あさり」を加え、煽る事数分。
やや濁りを帯びたスープは下支えの『名古屋コーチン』に魚介の風味が加わり『あさり』がお後を
締めくくる一風変わった清湯スープに仕上がっており、インパクトよりもしみじみとした美味さが優先する、本来の『千茶屋』らしいスープと言えます。
麺はデフォのストレート細麺、茹で時間は他のメニューと変わらないと思いますが、如何せんスープが鍋であおられて高温の為、やや柔らかい印象を持ちました。このメニューであれば茹で時間は20秒程度でも良いかと。


千茶屋7 千茶屋9
水菜がないですが、デフォなのかアタシ仕様なのかわかりません(笑)
細メンマは安定の美味さでございます。
千茶屋8 千茶屋10
6〜7個は奢られていたと思われる『あさり』でございますが、いくつか『ジャリ感』を覚えたのが残念と言えば残念。

本日のダブルメインはコチラ
千茶屋11 千茶屋12
チャーハン(スープ付)600円
提供当初は僅かにオイリーでありましたが、この日は完璧。

千茶屋13 千茶屋14
米粒の表面は香ばしく、噛みしめるとしっとりとした食感を備え、調味加減も絶妙でラーメン屋さんのサイドメニューとは思えない秀逸ぶりです。

千茶屋15 千茶屋16
コンチータに胡麻が加えられ、中華スープ的に提供されますが、流石は銘柄鶏の威力とも言える鶏感が下支え以上に主張しておりました。
当然 完飲 間違いなく 食い過ぎ。

新しいチャーハンの提供予定があるようですので、ラーメンだけでなくチャーハンにも注目したいお店でございます。

それはそうと コラボのスープ どうすんのよ(爆)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2190-560dc0b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。