-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-15 22:54 | カテゴリ:●栃木県
登竜本店店舗HP

しょうゆラーメン 637円 餃子のセット 291円 半チャーハン 415円(愚息とシェア)

【地域一番店】

登竜3 登竜4
店舗情報
住所:栃木県さくら市氏家1890-2
定休日:無休
営業時間:11:00~23:30
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

この日も愚息と二人旅、向ったのはコチラ
地味な淡水魚ながら楽しませる演出が非常に好印象、この日は時期的にイルミネーションを館内に展示中でした。
登竜1 登竜2
水族館らしい仕様が施されております。

開館からお昼過ぎまで楽しんだ後はお昼の時間、ラヲタ的選択であれば近隣だとコチラ、ちょっと足を伸ばすとコチラになるのでしょうが、折角遠方までお邪魔したのですから、地元の方々が支持するお店に行ってみたいのであります。
県央北部における地域の人気店であるコチラにお邪魔してみました。
訪問は14時近い時間でありましたが店内は満席、店舗奥から別棟の座敷席へ案内されました。

卓上&メニュー表紙
登竜5 登竜6
豊富なメニューに悩んでしまう事は必至ですよ。

しょうゆ系&みそ系
登竜7 登竜8

しお系&辛口、お子様
登竜9 登竜10

定食系
登竜11 登竜12
定食とは言うものの、全てにミニラーメンが付く徹底ぶりです。 しかも鍋。

まず到着したのは愚息のコチラ
登竜22 登竜23
半チャーハン 415円
玉子、刻みチャーシュー、ナルト、玉ねぎが含まれ絶妙なパラ感な炒め加減は流石の一言。
細かいことを言えば玉子が米と分離していたりするのですが、大衆中華としては最高峰の美味さです。
美味い。

あたくしのセットはコレ
登竜13
しょうゆラーメン 637円 餃子のセット 291円

しょうゆラーメン
登竜14 登竜15
鍋ですよ、鍋。
チャーシュー2枚、メンマ、ワカメ、ナルト、半玉が褐色のスープに乗って到着です。

スープ&麺
登竜16
動物系は鶏ガラ中心、香味野菜や強めの調味料が旨みを底上げするウマウマスープ。
手もみの加えられた太、看板では『手打』となっておりますが、手切ではないようです、食感はモチモチとしており粉の風味も感じられ、東毛の手打ちを食べなれた方ならば受け入れやすいと思います。


登竜17 登竜18
一番の驚きはチャーシューです、肩ロースのそれはしっとりとした食感で肉感を残した煮加減ながら繊維に全くザラツキがございません、国産チルド肉確定かと思います。 
美味い。
定食メニューに『チャーシュー盛り定食』が存在するのも腑に落ちます。
それ以外の具に関してはチャーシューが美味すぎたので、箸休め確定と言う事でw

セットの餃子
登竜19 登竜20
自家製の厚手の皮はモッチモチ、これまた東毛の手打店に近い食感、餡は肉中心で汁が滴るジューシーさ完備。

小ライス
登竜21 登竜24
やや固めに炊き上げられたゴハンは個人的にはストライク、噛めば噛むほど食味を増したのでコシヒカリかと。
この炊き加減のおかげでチャーハンの絶妙なパラ感が成り立っているのでしょう。
きれいに完食してしまいました(笑)

都心の流行をトレースしたような話題のお店ばかり食べ歩くのではなく、コチラのような地域に根差したお店に出会い、地域の方々の食文化に触れる事が食べ歩きの醍醐味であると考えております、異論は認めない(爆)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2194-6a2b30b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。