-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-22 06:30 | カテゴリ:●西毛(高崎・安中・富岡)
春喜

中華そば 500円

【地元民御用達】

春喜1 春喜2
店舗情報
住所:群馬県藤岡市藤岡447
定休日:不定休
営業時間:11:00~20:00
*店舗隣の『松岡内科医院』の駐車場が使用できます。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

訪問予定には入っていなかったコチラのお店ですが、店舗看板の『純手打』に惹かれてお邪魔してみました。
店内は座敷席のみで2卓、店主様が座っているわけだが(笑)
春喜5
当然先客様はおらず貸切状態で座敷に陣取ります。

メニュー&卓上
春喜3 春喜4
看板、暖簾、メニューの全てに『とんかつ』の表記がございますが、メニューには見当たりません(爆)
『カツ丼』と『ロースカツ』がございますので、それを指しているのでしょうか。
取り急ぎデフォの『中華そば』をオーダーして待つ事にしましょう。

到着したのはコチラ
春喜6 春喜7
中華そば 500円
チャーシュー、メンマ、海苔、ナルト、青菜、薬味ネギが乗る価格不相応な出で立ち。

スープ&麺
春喜8 春喜9
アブラのほとんど浮かないスープは塩分控えめ、ほんのりと鶏、豚が香り煮干が追随するもコクは不足気味な印象。
予習をしなかったのがいけないのですが、しばらく前から手打ちはしていないようで、ストレート形状の平打中細麺になっておりました。


春喜10 春喜11
肩ロースと思しきチャーシューはカエシダレが強めに効いており、穏やかな印象の一杯の中でインパクトがございます、それ以外の具は箸休めとしては十分な出来でございました。
後半に卓上の一味を加えてみたところ、煮干との相性が素晴らしく和風の印象が強くなります。

藤岡ラーメン全体として、町興しとしては決して成功したとは言えない事が原因なのか、後継者が育たず閉店、もしくは『手打』をやめて仕入麺にしているような印象が強いです。
コチラのお店もまったくその傾向のような気がいたしますが、なんとか『藤岡の手打』の灯が消えないよう藤岡市の各店には頑張ってほしいと思います、ホント。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2201-aa12649d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。