-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-28 09:19 | カテゴリ:太田市/千茶屋
千茶屋店舗ブログ)(店舗FB)(店舗ツイッター

千茶屋セット 1000円

【食器は実家】

千茶屋1
店舗情報
住所:群馬県太田市大島町127-1
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00(日祝21:00)
【年末年始営業情報】
12/31 9時から営業(さんまコンチータかけらーめんのみ 100食限定)
1/1 休
1/2~1/4 昼のみ営業
1/5 定休日
1/6 より通常営業

*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

店主様のツイッターにて知った本日のみの限定『なつかし醤油』と『なつかしチャーハン』をいただきたく、お邪魔してみました。
おっかないなシトがいるわけだが。  ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
見つからないように そーっと入店いたします。
千茶屋2 千茶屋3
大晦日の予定に変更があったようですね。 ペローンスッポン。

おっかないシトにバレてしまったので隣に恐る恐る座ってみました。

暫し待って到着したのはコチラ
千茶屋4 千茶屋5
昔ながらのなつかし醤油らーめん
油玉がキラキラと輝くスープにチャーシュー、メンマ、ナルト、あさつき、薬味ネギが載って到着。

スープ&麺
千茶屋6 千茶屋7
表層の油はやや黄色く、甘みを帯びており地鶏の鶏油かと思われます、そこに醤油感強めのカエシダレが加わりますが、旨味は控えめで仄かに乾物系の香りがいたします。多分ノーMSGですよ、コレ。
うまいけど 全然なつかしくない 最新モードなわけだが(爆)
麺は明らかに実家の麺、平打ちでモチグミとした食感、スープの持ち上げは良好。


千茶屋8 千茶屋9
チャーシューは通常のバラストレート、トロホロでウマス。メンマ、ナルトは実家疑惑あり(笑)
麺及び具材の構成は確かに『なつかしい』と言ってもいいかもしれません。

別皿
千茶屋10 千茶屋11
昔ながらのなつかしチャーハン
ナルトが加わっておりますので具材の構成はまさしく『なつかし系』
千茶屋12
絶妙なパラ感ながらシットリさも兼ね備えており非常に米の状態が良好。
調味は極控えめで、素材の旨味を優先したセッティング、よってなつかしくないわけだが(爆)

スープと調味料の使用加減がまるっきり『千茶屋』なので、非常に美味しくいただけました。
実家の創業当時の食器を使用したとの事でビジュアルだけは(笑)十分なつかしいセットでございました。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2206-0edaa9c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。