-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-17 12:13 | カテゴリ:太田市/千茶屋
千茶屋店舗ブログ)(店舗FB)(店舗ツイッター

あご節コトリータ(かけ)500円 本ズワイガニあんかけコトリータ 750円
(いずれも夜限定メニュー)

【繊細アゴ】

千茶屋1 千茶屋2
店舗情報
住所:群馬県太田市大島町127-1
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00(日祝21:00)
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

お昼に豪快な『あご』をいただいたので、夜はコチラでございます。
千茶屋3 千茶屋4
この日のスープは『小烏丸@高崎』リスペクト、『薩摩黒どり』のガラを使用しているようです。
本当は『秋刀魚節』と合わせる予定でしたが、『キツネ目のタヌキ』の発注ミスにより、急遽『あご節』を使用する事になったそうです。
千茶屋5
コレの目の前に座って『かけらーめん』をいただく と言うストイックさが素敵でしょ。

到着したのはコチラ
千茶屋6 千茶屋8
あご節コトリータ(かけ)500円
万能ネギが乗るだけ、別添の鶏油は『薩摩黒どり』、まっ黄色。

スープ&麺
千茶屋9 千茶屋10
うめぇ とにかく うめぇ
油の全く浮かないスープは繊細なのに力強さを感じ、鶏がどっしりとした屋台骨を形成し、あごの風味と相乗して鼻腔を抜けていくのでございます。
全ての具材を拒否するようなこの感覚は、昔の話で恐縮ですが初期の『井之上屋@春日部』にも通じ、このまま飲み続けたいと言う妄想にかられる程でございます。
この日は『全粒粉』配合の麺を使用、低加水のそれはパツコナだけでなく香ばしさも備えており、もう何もいらない。

昇天寸前で到着したのがコチラ
千茶屋14 千茶屋15
本ズワイガニあんかけコトリータ 750円
店主様の経歴が成せるメニューでございます。
千茶屋16 千茶屋17
白米にキレイに卵がコーティングされ、あくまで調味は薄め、薩摩黒ドリのスープを使用した餡かけはズワイガニがタップリ、しかもコレ『缶詰』ではございません。
カニ肉の繊維が非常に滑らかで生の足を使用した事がうかがえます。
うめぇ とにかく うめぇ

ここで残ったスープに鶏油を加えて、チャーハンのお供としていただきます。
千茶屋11 千茶屋13
鶏の風味が一気に開花、コーチンに比べてアマウマは控えめな印象を持ちました。

千茶屋18
今日は まいった マジ。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★★(5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2234-b7c95c29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。