-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-15 09:57 | カテゴリ:桐生市/らーめん芝浜
らーめん 芝浜店舗HP)(店舗ツイッター)(店舗FB

お醤油らーめん 大山(だいせん)どりコンフィ 972円(税抜価格900円)

【デフォ】

芝浜1 芝浜1
店舗情報
住所:群馬県桐生市相生町1丁目303-1 (群東ビル)
定休日:水曜・第4木曜
営業時間:7:00~14:30 材料がなくなり次第終了
*イーゼルに書かれているメニュー価格は税抜です。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

店舗到着は9:40 10時開店を待つ方々の行列ができておりました。
念のため、最前列の方に『10時の開店待ちですよね?』とお訊きしてから入店しました。
なんと、カウンター、テーブルともに空き席あり。
10時開店に向け、準備を進めている最中にお邪魔してしまい、恐縮いたします。

本日の朝メニュー
芝浜2
『朝らー定食』ばかりいただいているので、本日は開店当初以来の表記をオーダー、好印象の『大山(だいせん)どりコンフィ』も併せてお願いしてみました。

芝浜3 芝浜4
お醤油らーめん 大山(だいせん)どりコンフィ 972円(税抜価格900円)
うまい 食う前から うまい
エロロゼク肩ロース、トロホロバラ巻き、エロピンク大山鶏、極太メンマ、薬味葱が乗って到着です。

スープ&麺
芝浜5 芝浜6
鶏の風味の下支えに乾物魚介が加わり、丸みを帯びたカエシダレと素晴らしい調和を見せます、僅かに八角のような香辛料を思わせる独特の香りを伴うのも、コチラの醤油スープならではでございます。
開店当初のキレキレよりも個人的にはコチラがイチオシでございます、美味い。
ややパツ、ややコナの細ストレート自家製麺は醤油のスープを塩梅良く吸い上げ、一体感が素晴らしい。


芝浜7 芝浜8
エロロゼ肩ロースはワインのような香りを伴う調味が素晴らしい、もちろん素晴らしい肉質はいつも通り。
トロホロで醤油味のバラ巻きチャーシュー、この2種チャーシューは調味加減のコントラストが非常に楽しいです、美味い。
芝浜9 芝浜10
単に低温で仕上げているだけでなく、肉質のみずみずしさが素晴らしい大山鶏コンフィ、ポン酢でいただいたら、さぞかしお酒が進む事でしょう、朝でも(爆)
極太メンマの素材感、切り方のセンス、共にアッパレ。

今や桐生、いやグソマを代表するお店になり、気軽に行けるお店ではなくなった感がございましたが、9時半ころであれば、すんなりいただける事が確認できました。
デフォメニュー支持派のあたくしとしては、うれしい訪問となりました。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2269-301b4224
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。