-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-18 06:51 | カテゴリ:太田市/千茶屋
千茶屋店舗ブログ)(店舗FB)(店舗ツイッター

赤ムツ追い煮干しコンチータ(かけ)600円 きのこのあんかけチャーハン 700円
(2/17夜の部限定)

【鮮魚系】

千茶屋1 千茶屋2
店舗情報
住所:群馬県太田市大島町127-1
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00(日祝21:00)
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

2/15(日)に開催された『裏千家』で使用した『スープ用のノドグロ』と同じかどうかは判りませんが、この日も『赤ムツ(ノドグロ)』がいただけるようです、更に『追い煮干し』までしていると言う事で、どんなお味なのか非常に楽しみです。
オーダー後に『煮干の濃度』『強めor弱め』のどちらにするかお問い合わせいただきましたが、せっかくの鮮魚系ですから『弱め』にてお願いしてみました。

到着したのはコチラ
千茶屋3 千茶屋4
赤ムツ追い煮干しコンチータ(かけ)600円(煮干弱め)
白髪ネギにカイワレが透き通ったスープに乗って到着です。

スープ&麺
千茶屋5 千茶屋6
『あご節コンチータ』や『キツネ』同様に(どんなネーミングなんだよ、しっかし)油の全く浮かないスープは、動物系は完全に下支えで、その存在を意識しようとしても、白身魚系の出汁感とそれに加わる煮干によりマスクされております。
赤ムツの存在感を出すために、『アゴ節コンチータ』よりも動物系スープの比率を低くしていると思われ、更に『追い煮干し』効果が加わり、全体としては『鯛煮干』のような味わいになっておりました。
風味強力 旨みそれなり 動物ヨワヨワ ってな感じかな。
パツパツの麺は毎度の如く茹で加減、噛み応えともに文句のない仕上がりです。美味い。

別皿
千茶屋7 千茶屋8
きのこのあんかけチャーハン 700円
千茶屋9 千茶屋10
まずは軽く調味を加えた玉子チャーハンを作り、更に餡かけを作ると言う手の混んだ工程にて調理され、餡の作り置きは一切しておりません。
玉子がきれいにコーティングされたご飯は、それだけでも美味い、さらには刻まれているので種類の特定はできませんが数種の『きのこ』の風味は強すぎず弱すぎず、餡の味と絶妙に絡み合っております。
うまい チャーハン うまい

千茶屋11
ここで残ったスープをチャーハンのお供としていただきましたが、完全にミスマッチ
鮮魚の風味が『魚臭さ』にも感じられ、完飲することができませんでした。
チャーハンといっしょにいただくならば動物系油脂は必須かと思われます。

個人的には追い煮干が鮮魚独特の風味を白身魚の煮干のように変えているような気がしてなりません。
仮に、追い煮干しがしたいならば、追い煮干しの分、鮮魚を減らして動物系を増やし、別皿で『鶏油』をつける事が望ましいかなぁ。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2274-625569e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。