-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-20 07:44 | カテゴリ:太田市/青竹打ち佐野ラーメン 王将
青竹打ち佐野ラーメン 王将

佐野醤油ラーメン 550円

【親店】

王将1 王将2
店舗情報
住所:群馬県太田市下小林町356-2
定休日:月曜日 木曜日夜
営業時間:11:30~14:30(土日祝~15:00)18:00~22:30(木曜休)
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

お昼にいただいたお店の親店にあたるこちらに、久しぶりに訪問してみました。
コチラ出身の店主様が、太田市内で初めて『佐野ラーメン』なる冠をつけて営業を開始したと記憶いたしております。

メニュー
王将3 王将4
デフォの『佐野醤油』と『塩』が極端に安く見えます、チャーシューメンとの価格差380円と森田屋なみではございませんか。
『良い肉使ってます!』との注釈がありますので、デフォとは違うチャーシューかもしれません。

到着したのはこちら
王将5 王将6
佐野醤油ラーメン 550円
チャーシュー、メンマ、ナルト、薬味ねぎが薄褐色のスープに乗って到着です。

スープ&麺
王将7 王将8
豚ガラ、鶏ガラと思しき動物系出汁と香味野菜や調味料などの旨みが融合し、すぐ美味い。
少しだけ塩分濃度が高いですがカドはなく、当地域で好まれるであろうセッティングです。
うまい 手打ち うまい
王将系の麺と言えば、『太めのうどんライク』との認識でしたが、この日の麺は標準的な太さの不揃い麺になっておりました。お味に関しては、粉の風味を伴う秀逸な手打ち麺でございます。


王将9 王将10
薄めのバラ巻チャーシューはやや獣臭をともない、肉質自体はあまりよろしいとは言えません、やはり『チャーシューメン』は違うお肉を使っているのでしょう。
メンマは薄味に仕上げてあり、スープとの相性は抜群です。
王将11 王将12
ナルトは斜め切りされております。

昼間は近所の『森田屋支店太田店』に集客で負けているようですが、夜営業がないため、平日なのにお客様が途絶えません、『佐野ラーメン』と当地域のラーメンの違いを見つけることは困難なほどですから、この人気も不思議ではございません。
地元の人気手打ちラーメン店とご理解くださいませ。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2276-d5992c2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。