-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-04-22 06:27 | カテゴリ:●埼玉県
忘八

つけそば(醤油)800円

【期待以上】

忘八1 忘八2
店舗情報
住所:埼玉県加須市下樋遣川6866-3
定休日:月曜日、第2・4火曜日
営業時間:11:30~14:30 17:30~19:30(日曜日は昼のみ)
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

この系統の嗜好があたくしに非常に近いこの方が高評価な、コチラ『忘八』さんにお邪魔してみました。
忘八3
ちょうど開店直前に到着、15~6人の行列ができておりましたが、間もなく開店し店内に入りますと、カウンター席が3席、4人掛けのテーブルが6卓、お座敷が2卓と2人営業のお店としては十分以上のキャパの為、全員が着席できました。

メニュー&素材の説明
忘八7 忘八8
比内地鶏&ハナマンテン
忘八5 忘八6

食べたいメニューがいくつもあるので、可能であれば『お替わり君』がしたいところですが、店外に行列ができておりますのでガマン、ガマン。
よって、できる限り素材を楽しむため表記をオーダーしてみました。

待って 待って 待ちわびて 70分後の到着はコチラ。
忘八9
つけそば(醤油) 800円

麺丼
忘八10 忘八12
濃い目の昆布汁に漬けられた自家製麺は見ての通り全粒粉配合。
きっちり〆られておりややエッジのある噛み応え、そして口の中に徐々に香ばしさが広がり、昆布由来のグルタミンよろしく、これだけでも食べ続けられるに十分なクオリティを保持。
一瞬だけこの一杯を思い出しました。


忘八13 忘八14
低温調理のチャーシューは2種類、いずれも素晴らしい肉質で柔らかく仕上がっております。
つけダレに投入していただきました。
忘八15 忘八16
極太のメンマはやや短く仕上げてあります。
一瞬だけこの一杯を思い出しました。

別皿
忘八17 忘八18
山葵と塩を麺丼に投入していただくと、これで『完成品』なんぢゃね?と思える程。
このギミックは凄いわ、マイッチングでございます。

つけダレ
忘八11
多めの鶏油が浮き、生醤油が主張する絶賛流行中のスタイル。
単体でいただくと塩気が強いので、昆布汁と交互にいただきグビグビ止まらず。

後半
忘八19 忘八20
つけダレを麺丼に少々加え、卓上の柚子一味を加えるも良し。
最後は昆布汁もろごとつけダレと和わせ、姦淫完食でございます。

系統的に、だいたいの味を想像してお邪魔いたしましたが、この『つけ麺』は正直、期待以上の一杯でございました。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)


【チラ裏】
店外に行列されていた方々に、お店の名誉の為、告げておきたい事がございます。
こちらのお店、『回転が悪い』と言うご意見をお見受けいたしますが、決してそのような事はございません。
お待ちのお客様がいらっしゃるのに、2杯オーダー、しかも『時間をあけて持って来い』等 自分の事しか考えられない残念な方々が多く存在していたため、結果として待ち時間が長くなったという事をご理解いただければ幸いです。
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(1) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2341-528cae77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。