-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-04-24 07:15 | カテゴリ:館林市/つけ麺 弥七
つけ麺 弥七店舗ブログ)(店舗ツイッター

あごそば(麺半分) 650円

【旨味炸裂】

弥七1 弥七2
店舗情報
住所:群馬県館林市赤生田町1987-3
定休日:月曜日・第1、3火曜日
営業時間:11:30〜15:00頃、今のところ夜の部の営業はしておりません
4月より定休日が変更になりました、ご注意下さい。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

15時ギリギリに店舗に到着するも、あえなく『死刑宣告』。
『ダメモト』でお電話をしたところ、何とか提供していただけるとのうれしいお返事をいただきました。
ありがとうございます。
御礼のしるしに ○ンポを軸にしてクルクル回ってみようかと思いましたが、元気がありませんでした。

本日の一杯
おぎのめ2 シャネルズ
○ァギノメ!  謹慎!
弥七3 弥七4
あごそば(麺半分) 650円
チャーシュー2枚、穂先マンメ、海苔、味玉(サンクス)、貝割れ、薬味ネギが乗って到着です。

スープ&麺
弥七5 弥七6
しっかりとした動物系の下支えの上で、アゴ節と昆布の風味、旨味がともに炸裂。
繊細ではなく豪快
いかにも アンヌ隊員らしい 強烈なスープに仕上がっております。
ボソパッツンなストレート麺は粉っぽさを残し、お蕎麦感覚でいただけます。


弥七7 弥七8
トロホロのチャーシューは2枚完備、穂先マンメともども安定の美味さアリ。
弥七9 弥七10
味玉(サンクス) ドロリンの黄身がウマス。

味変え
弥七11 弥七12
スープの旨みが強烈なので、ラーメンなのにスープ割。
煮干しが強まりすっきりスープに変身いたします、一味を加えてフィニッシュ!

アゴ節を使用した一杯、おいしくいただきました。
繊細な『千茶屋@太田』に対して 豪快な『弥七@館林』
どちらのお店も東毛地区を代表するお店と言って過言ではございません。
今後とも地元の皆様を楽しませてくれる事でしょう。

アンヌ

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2343-f3f52403
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。