-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-05-03 07:38 | カテゴリ:太田市/うしおととり
うしおととり店主ブログ

鶏清湯つけ麺 700円 ライス(無料お替わり自由)

【メニュー一新】

うしおととり1 うしおととり2
店舗情報
住所:太田市東本町3-11
定休日:火曜日夜、水曜日
営業時間:11:30~14:00 18:00~材料終わり次第終了(火曜日は昼のみ営業)
*駐車場は店舗前の4台のみです、裏の駐車スペースは3/12より使用不可です。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

お隣に飲食店が開店し、店舗裏の駐車場が使えなくなって以降、ハードルが高くなった感のあるコチラ『うしおととり』さん。
この日は丁度店舗前が空いておりましたので、久しぶりにお邪魔してみました。
まずはカウンターに着席し、一新されたメニューを拝見します。

GW中ではありますが、平日扱いの為ランチサービス実施中!
うしおととり3 うしおととり4
駐車スペースは良く確認して下さい。

以前から提供しているコチラが最初に記載されています。
うしおととり5 うしおととり6
鶏しょうゆらーめん & 鶏しおらーめん

限定だったコチラがレギュラー化。
うしおととり7 うしおととり8
煮干しらーめん & 塩煮干しらーめん

つけ麺はレギュラー化して汁なしはリニューアルです。
うしおととり9 うしおととり10
鶏清湯つけ麺 & 汁なし坦々麺

迷う事なく表記をオーダーして到着したのはコチラ
うしおととり11 うしおととり12
鶏清湯つけ麺 700円 
美味い事が 判っているって なんてステキなの。

麺丼
うしおととり13 うしおととり14
お皿に顔を近づければ、食べなくとも全粒粉の香ばしさが確認できます。
でも 食えばもっと確認できますけど 何か。
パツパツとした食感で、このままでも食い続けられる風味を完備。
後半はややくっつき気味になるので、途中でつけダレをかけるのも『手』ですよ。

つけダレ
うしおととり15 うしおととり16
表層に浮く鶏油と味醂由来と思われる甘みが初動で主張するつけダレですが、流行りのスタイルとは一線を画し、素スープ由来の鶏感が芳醇に香ります。
蕎麦汁にも通ずる甘めのつけダレがお嫌いでなければ、間違いなくストライクですよ。
もちろん あたくしも さようでございます。


うしおととり17 うしおととり18
エロピンク&エロロゼ
後々大活躍するのであります。
うしおととり19 うしおととり20
海苔とメンマ、穂先から変更になって、個人的にはこちらの方が好みです。

店主様のご厚意でお届けいただいた酢醤油
うしおととり21 うしおととり22
以前はカウンターに配備されておりましたが、今はございません。
あたくしが毎回使用していたのを覚えて下さっての提供でございます、ありがとうございます。
つけダレで僅かに火入れをしたチャーシューにかけていただきます。

ランチサービス
うしおととり23 うしおととり24
セルフライスはお替わり自由! ふりかけや小梅もございます。
うしおととり25 うしおととり26
家庭用炊飯器ながら高機能タイプのため、炊きあがり後2時間を経過したとは思えない粘りと食味を完備。
これが無料だとは嬉しい限りです。

スープ割
うしおととり27 うしおととり28
煮干しと節系が一気にブーストされたスープ割。
以前は節系が中心でしたが、煮干しもかなり強くなっておりますよ、こりゃあうまい。
そして 当然のように 姦淫完食。

白湯がお好みだった方には、今回のメニュー一新は寂しく思われるでしょうが、個人的には大歓迎。
平日の昼間ならば、圧巻の『連食キラー』にもなる素晴らしい一杯でありました。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2354-705a2202
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。