-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-13 06:00 | カテゴリ:足利市/麺屋 つるる
麺屋 つるる店舗ブログ

醤油らーめん 650円 餃子3ヶ 280円

【足利に手打の新店】

つるる1 つるる2
店舗情報
住所:栃木県足利市大町7-19
定休日:月曜日
営業時間:11:00~15:00 17:00~20:30
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

平日の休憩時間に『元同志』であるロコ太さんのこんな呟きを発見してしまいました。
以降 仕事になりませんでしたが 何か。
ご指名いただきありがとうございます しかも こんなシト や こんなヤシ と一緒とはTQR冥利に尽きますよ。

H27.5.15に開店したばかりの店舗は真新しく、清潔感に溢れております。
入店いたしますと、先客様はいらっしゃらなかったのでテーブル席に失礼いたしました。

メニュー&卓上
つるる3 つるる4
基本は醤油一本という事でしょう、この潔さ、結構ツボなんです。
卓上調味料の中に『手作り』の『ラー油』が存在するのもうれしいではありませんか。
初訪問ですので、デフォの醤油、そして上記『ラー油』の存在により餃子もお願いしてみました。

初訪問の一杯はコチラ
つるる5 つるる6
醤油らーめん 650円
チャーシュー、メンマ、海苔、斜め切りネギ、薬味ネギがやや茶褐色のスープに乗って到着。
両毛地区の一杯というよりはトツグ中部テイストな一杯ではありませんか!
咄嗟に頭に浮かんだのは『ロコ太』さんが仰ったココ、よってコチラの系統、更にはこの人気店
いずれもストライクなお店ばかり よって…
食う前から 美味い 間違いない
となった次第でございます。

スープ&麺
つるる7 つるる8
豚を予測したのですが鶏が強めに香り、乾物魚介、特に鯖や鰹や宗田のような風味が追随。
そして、香味野菜や調味料が全体を整える素材感の高いスープでございます、こりゃぁ 美味い。
そしてウネウネの自家製手打麺はしっかりとコシを残しながらも、若干の歯ぬかり(褒めてます)を感じるほどにモチモチとしておりプチうどんライクな仕上がり、当地域の良質な手打麺である事は間違いございません。


つるる9 つるる10
とにもかくにも この豚を語らずにはいられない。
大判の肩ロースは肉感を残した仕上がり、調味加減は程よい加減、この価格で提供いただけるとは信じ難い一品ですね。
つるる11 つるる12
シャキシャキとした食感が嬉しい斜め切りのネギは清涼感も兼ね備え、極太のメンマは薄味ながらスープと一緒にいただくと塩梅が良いのです。

別皿
つるる13 つるる14
餃子3ヶ 280円
厚手の皮のモチモチ感がうれしい大きめの餃子、やや端が丸い形状になっており場所柄『丸満(現:マルキン』が脳裏を過ぎりました。 
足利人にしか判らないネタで スマソ。
餡は野菜中心ではありますが、しっかり肉汁が飛び出すほどのジューシーさも兼ね備え、それ単体でいただける旨味を有しております。
つるる15 つるる16
せっかくなのでいただいた『自家製ラー油』は風味が強く、ラーメンの味変えアイテムとしても有効だと思います。
つるる17
迷う事なくこうなりました。

事前情報のない中、足利市に彗星の如く現れた新店『麺屋つるる』さん、両毛地区でこの味がいただけるのはうれしい限り、個人的には大歓迎ですよ。
手打ラーメンを食べ慣れた方にこそ召し上がっていただきたい一杯でありました。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2399-2df749a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。