-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-15 05:20 | カテゴリ:太田市/爆じゅう餃子 餃点
爆じゅう餃子 餃点店舗HP⇒更新してません
カットコット専用ページ

醤油らぁめん 750円 爆じゅう餃子(3ヶ)250円 ライス 無料

【乳化醤油清湯】

ぎょうてん1 ぎょうてん2
店舗情報
住所:群馬県太田市新井町516-11-B
定休日:日曜夜
営業時間:11:30~15:00 17:30~20:30
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

太田界隈に新店が多く登場したためか、気が付けば長らくご無沙汰のコチラ『爆じゅう餃子 餃天』にお邪魔してみました。
店主様があたくしを確認し、一瞬驚いたような表情をしていらしたので、改めてご無沙汰だったんだなぁ と実感しましたよ。

久しぶりなのでメニューなど
ぎょうてん3 ぎょうてん4
太田市内で『鶏塩』と呼べるメニューを提供してくれたのはコチラが初めてだったと記憶しております。
開店当時は榛名地鶏(プレノワール)の丸鶏を使用しておりましたが、供給元の不具合により納入不可となり現在に至っております。
コチラ自体が、濃厚な清湯を提供してくれるお店と認知されておりますので、『~産の~を使用』など謳わなくも何の問題もございません。
美味しければ そんな事は 全く構わない アタシは TQR。

久しぶりにいただいたのはコチラ
ぎょうてん5 ぎょうてん6
醤油らぁめん 750円
表層が乳化したスープにバラチャ2枚、極太メンマ、半味玉、水菜、薬味ネギが乗って到着。

スープ&麺
ぎょうてん7 ぎょうてん8
丸鶏由来の旨味が爆発的に主張をしますがアマウマ感は全くなし、節系と貝や甲殻類からなるトリプルスープではございますが、主役は全くもって鶏であり、どんなカエシダレを使用しても素スープが主役になってしまうコチラらしいスープなのであります。
中太の縮れ麺はスープに比べて中庸さが目立ちますが、スープの持ち上げは良好です。


ぎょうてん9 ぎょうてん11
店主様のご意向により具材はおしなべて薄味、素材の味を大切にしたいとの思いからの調味加減でございます。
それも良質な素材を使用してこそなのですが、豚バラ、メンマともに全く不満はございません。

別皿
ぎょうてん13 ぎょうてん14
爆じゅう餃子(3ヶ)250円
同時にオーダーしても必ず麺類よりも後に提供される当店の看板商品。
天然の素材だけでこの風味と旨味を出しているのは驚きで、先にこれをいただいたら口内は餃子でイッパイになるのは言うまでもなく、こちらの餃子に醤油などを使用した事はございません キリッ。

別丼
ぎょうてん15 ぎょうてん16
小ライス サービス
夜の部であっても、残っていれば無料でいただけます。(常にあるわけではありません)
ウマウマな餃子とご飯を楽しんでいる間にスープはと言うと…
ぎょうてん17
完全に『膜』が形成されるのです。
ぎょうてん18

鶏白湯よりも濃厚な鶏清湯がいただけるコチラのお店、代替はなかなかございません。
全くブレない味、ブレない姿勢にも共感を持ってしまいます。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2402-174be727
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。