-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-21 05:33 | カテゴリ:●東京都
ラー麺 ずんどう屋公式サイト)(店舗FB

元味らーめん(細麺 もやし 背脂まみれ)790円

【ブランチ】

ずんどう屋1 ずんどう屋2
店舗情報
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-39-3
定休日:無休
営業時間:24時間
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

うんまい朝食をいただいた後は新宿を闊歩。

『DVDいかがですか?』
『DVDいかがですか?』
『DVDいかがですか?』
お仕事ご苦労様でございます。

そんなに DVD好き に見えたでしょうか。

そうこうしているうちにコチラ『ずんどう屋』さんに到着です。
姫路発祥の豚骨ラーメンだそうですよ 楽しみですね。

説明書き
ずんどう屋3 ずんどう屋4
メニュー
ずんどう屋5 ずんどう屋6
初訪問なのでオーダーはデフォ、細麺を選択し、無料トッピングのモヤシもお願いしてみました。
初訪問なのに『背脂まみれ味』にしてみました、『まみれ味』って意味が判りかねますがw

『義務』 ではなく 『愛』

申し遅れました あたくし 北関東アブラー隊 隊長です。

卓上
ずんどう屋7 ずんどう屋8
粒大蒜、紅ショウガなどが卓上に配備されるほか、オーダー後にスタッフ様が『辛子高菜』を持って来ていただけました。

ほどなくして到着したのはコチラ
ずんどう屋9 ずんどう屋10
元味らーめん(細麺 もやし 背脂まみれ)790円
チャーシュー、モヤシ、ネギ、海苔、が乗って到着、これでモヤシがなかったら、寂しいビジュアルだったかもしれません。

スープ&麺
ずんどう屋11 ずんどう屋12
あまーい。 かなり甘めのカエシダレがビンビン主張。
やや髄粉のザラツキが感じられるスープは臭みなくクリーミー、そして店内に全くと言ってよいほど豚骨臭がない事からCKによるスープかもしれません。
そして『まみれ味』の背脂はカエシダレの甘みに豚感を加えてくれるのでありがたい存在。
細ストレート麺は『高加水』で硬めのゆで加減、プッチンとした噛み応えでこの類の一杯では珍しいですね。
『縮れ麺』を選択すると『低加水』の麺が使用されるようです。


ずんどう屋13 ずんどう屋14
カエシダレの甘さが更に強く感じられるものの、肉質は良好で『説明書き』にある通り肉本来の美味さを伝えてくれます。
ずんどう屋15 ずんどう屋16
モヤシとネギはカエシダレの甘さと『まみれ』の背脂を中和するのに活躍してくれました。

味変え
ずんどう屋17 ずんどう屋18
せっかくですので『辛子高菜』をいただきました、これは美味い!
ご飯が欲しくなってしまう程ですよ、この後の予定がなければいただいてしまったかと思います。

場所柄、マニアよりも呑み客が中心と思われます、実際にこの日も店内は宴会実施中(笑)
甘めながら濃厚な豚骨スープがインパクトを与えてくれる一杯は、多様なニーズに対応していただけるお味でした。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2411-8df2e5bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。